日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

『SecureFrontia X』は、業種・業態を問わず
他システムと容易に機能連携を行うことができる

NECインフロンティア
 ネットワーク営業事業部 ソリューション営業推進部

■製品名:入退管理システム『SecureFrontia X』(セキュアフロンティア エックス)
  SecureFrontia Xは、ICカードを使用して部屋や建物への人の入退出を管理するシステムです。
 1拠点1ドアの管理から、ネットワークを介した全国各地の拠点の一括管理も可能であるなどシステム拡張性に優れているほか、ICカードをKEYに、他のセキュリティシステムやオフィスシステムとの連携を志向したシステムとなっており、より高度な入退管理ソリューションを提供できる。

■最適な市場:
 SecureFrontia Xは、業種・業態を問わず入退セキュリティを必要とするあらゆる場所で活用できるが、特に企業オフィスや工場などで多く活躍している。
 特定の場所への入退出を管理するシステムとして機能することに加え、入退データ(罪状者データ)を活用した他システムとの連携を重視したシステムなので、近年オフィスを中心に導入がすすんでいるPCログイン認証やドキュメント管理などのセキュリティシステムから、勤怠管理や社員食堂・売店の社内決済、無人受付などのオフィスシステムまで、容易に機能連携を行うことができる。
 例えば、勤務フロアへの入場記録がないとPCにログインやドキュメントの印刷ができないなど、在場者データを共有し、システムを組み合わせた運用によって、より高度なセキュリティ環境を構築することが可能。
 また、勤怠管理システムと連動し、一日で最初の入場操作と同時に出勤データを記録する。無人受付などでの在・不在の案内に入退出データを利用し、自動的に最新の在席状態を表示する。
 在場者データからその日の社員食堂の喫食数を推測し、調理量の調整など食堂のオペレーションに役立てる。
 など、セキュリティに留まらず周辺のオフィスシステムとの連携も可能である。

NECインフロンティア
http://www.necinfrontia.co.jp/secure/index.html

2009年12月21日発信

 
会社案内お問い合わせ