日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

コンパクトでどんなインテリアにもあう
住宅用火災警報器「けむピー」新発売

 ヤマトプロテック鰍ヘ、聞き取りやすいスイープ警報音と、わかりやすい音声で火災発生を知らせる住宅用火災警報器「けむピー」YSA-510シリーズの販売を11月12日から開始している。
 また、標準品に加えて住宅用火災警報器では初めて「方言」で火災を知らせる、"関西版""九州版"を同時発売した。
 住宅火災による犠牲者を減らすために消防法が改定され、平成20年6月より全国一律に住宅用火災警報器の設置義務化が進められているが(各市町村条例により平成23年6月1日までに完了予定)、設置率の伸びとともに、住宅用火災警報器が付いていてよかったという奏功事例も増えている。
 平成17年1月1日から平成21年5月31日までに東京消防庁に報告された奏功事例は396件にのぼっている(設置率48.1%、平成21年10月発表)。
 今後ますます、住宅用火災警報器のニーズが高まると予想されるなか、よりわかりやすく火災発生を知らせ、避難・消火活動が素早くできるよう誰でも聞き取りやすい警報音を考え、住宅用火災警報器では初めて、警報音に"耳馴染み"のある方言を採用致した(いずれも日本消防検定協会鑑定合格品)。
  関西版タイプ、九州版タイプに続き、2010年1月には「広島版」の発売を予定。

■主な特長
1)高齢者にもわかりやすい音声(方言)と聞き取りやすい警報音で、火災の発生を知らせる。
 就寝中でも気づきやすい88dBの大音量に設定するとともに、音声でも発報する。
 今回は標準タイプ(女声共通アクセント)に加え、「方言」を採用した"関西版"タイプ、"九州版"タイプを揃えている。
 方言タイプの音声は、特にご高齢の方に対して"耳馴染み"の言葉で呼びかけるような警報のため、発報時の恐怖心を軽減し、冷静な避難活動に役立つ優れもの。  
 A)標準品(共通アクセント)「ビューッビューッ、火事です!火事です!」(女性の声)
 B)関西版タイプ(大阪弁) 「ビューッビューッ、火事や!火事や!」(男性の声)
 C)九州版タイプ(博多弁) 「ビューッビューッ、火事ばい!火事ばい!」(男性の声)
2)どんなインテリアにもマッチする、コンパクトボディー 。
 煙感知センサーを小型化することにより、直径97o、厚さ30oという、コンパクトサイズとシンプルなデザインでお部屋の美観を損なうことなく、どんなインテリアにもさりげなく溶け込める。
3)ネジ1本で簡単取り付け。
 電池式なので面倒な配線工事は不用。ネジ1本で、壁に簡単に取り付けられる。
 取り付けベースを使えばネジ2本で天井にも取り付けられる。
4)機器異状と電池切れを音声でお知らせ。
  本体の作動状態を自動的に試験している。
 また電池容量も常に監視しているので、機器異状や電池切れの際は"ピッ"という音と、音声で自動で知らせる。
5)人にやさしい機能、環境にやさしい素材。
 夜間の睡眠を妨げないよう、深夜や早朝に電池切れ通知音が出にくくする機能を搭載。
 ほこりなどの汚れで、煙を感知するセンサーの感度が低下しないよう、感度を自動で補正。
 環境にやさしい鉛フリーはんだを採用。

ヤマトプロテック
http://www.yamatoprotec.jp/yamatoprotec/
products/stockpile/ysa510.html

2009年12月7日発信

 
会社案内お問い合わせ