日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

オフィスビルでの乗り方が変わる
新世代のエレベーター群管理システムを世界同時発売

 

 フジテック鰍ヘ、高層ビル、大型施設、タワーマンションなどの増加に伴い、建物内の複雑な交通需要に応え、何台も設置されたエレベータを迅速に、かつ効率的に運行制御できる画期的なエレベータ群管理システムを開発した。
 これまで高層マンションでのエレベータの待ち時間が長かったり、オフィスビルでの出勤時などにエレベータの輸送効率が悪くなる、といった問題点があった。
 同社では、従来の群管理制御方式とは異なる独自の制御方式を採用するとともに、出勤時でもスムーズにエレベータを利用できるよう、エレベータの乗り方までを変えた先進の群管理システムを商品化し、このほど世界で同時発売。

新世代エレベータ群管理システムの主要な特長は、
1)仮想乗客最適化方式:
 将来発生する乗客を含めて、ビル全体の交通需要を予測し、エレベータの運行を制御する。
 急増するタワーマンションなどにおいて、平均待ち時間を最大10%(当社従来比)短縮。
2)行先予約案内システム(有償付加仕様):
 あらかじめ行先階を事前に登録し、最適なエレベータを選択することで、輸送効率を格段に向上させるもの。
 オフィスビルにおける出勤時のサービス完了時間を、最大30%(当社従来比)短縮。
 同社では、建物の規模に応じて、大規模ビル用の〈フレックス FLEX−NX300〉、中規模ビル用の〈FLEX−NX200/NX202/NX201〉、さらに小規模ビル用の〈FLEX−NX100〉をラインアップした。

フジテック
http://www.fujitec.co.jp/

2010年10月12日発信

 
会社案内お問い合わせ