日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

防犯カメラ「CVカメラシリーズ」を拡充
プログレッシブスキャン方式採用の3機種を新発売

 

 TOA鰍ヘ、防犯カメラシリーズ「CVカメラシリーズ」を拡充し、「プログレッシブカメラ」3機種を新発売。
 「CVカメラシリーズ」は、コストパフォーマンスに優れた防犯カメラシリーズで、使用用途に合わせた幅広いラインアップが特徴。
 今回発売するのは、プログレッシブスキャン方式(注1)採用により高解像度録画に対応したモデルで屋内用・屋外用別、形状別、機能別に3機種を発売した。
 プログレッシブスキャン方式のカメラを同方式対応のデジタルレコーダーで記録した場合(注2)、その再生映像の垂直画素数が従来システムの2倍の480画素に向上し、より画像が鮮明に。
 加えて、動きのある被写体を録画した映像を再生した場合、輪郭にギザギザ(インターレースノイズ)の無いくっきりした画像再生が可能。
 とくに画面を静止させた場合、細部まで被写体を確認し易くなり、より記録映像としての精度が向上するなど、その用途を問わず活用できる汎用型。
 特に、金融機関や商業施設、集合住宅などに最適である。

【新商品】                         
プログレッシブカメラ C-CV150P-2(屋内用箱型)
ドーム型プログレッシブカメラ  C-CV250P-2(屋内用ドーム型)
屋外赤外プログレッシブカメラ C-CV450PR2(屋外用筒型、赤外LED機能、デイナイト機能付)
*実売予想価格は、C-CV150P-2・C-CV250P-2については10万円未満、C-CV450PR2については、10万円台半ばの見込み。
*販売台数は計900台/年

◆主な特長は下記の通り。
1)C-CV150P-2、C-CV250P-2:
 屋内専用モデル。
 2倍手動ズームレンズ、逆光補正機能、最大8倍の電子感度アップ機能などを備えている。
 形状別に、箱型(C-CV150P-2)とドーム型(C-CV250P-2)をラインアップ。
2)C-CV450PR2:
 「IP66」(注3)対応の防水性能を備え、そのまま野外に設置できる屋外用モデル。
 逆光補正機能、最大4倍の電子感度アップ機能に加え、夜間になると自動的に感度の高い白黒撮影に切り替え、しっかりと被写体を撮影する「デイナイト機能」を搭載。
 あわせて赤外LED投光器を搭載し、光源がまったく無い暗闇でも撮影可能。
 隣接する窓への光害のため光源を設置できない住宅地や公園など、昼夜、天候を問わず利用できる。

注1:プログレッシブスキャン 
 映像信号の走査方式の一つ。
 1枚の画面を完成させるのに、上から順に1回の走査で行なうこと。
 対して、奇数段目と偶数段目の2回の走査に分けて1枚の画面を完成させる方式はインターレース。
注2:同社デジタルレコーダーにおいて、画素数の設定を「フレーム記録」(画素数704×480、720×480)にして録画を行った場合。
注3:IP66 IEC(国際電気標準会議)による国際規格「IEC60529電気機械器具の外郭による保護等級」により規定。
 「IP66」は、いかなる方向からの水の直接噴流を受けても機器に有害な影響を及ぼさない、粉塵が内部に侵入しない構造。

TOA
http://www.toax.co.jp/

2010年12月20日発信

 
会社案内お問い合わせ