日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

圧倒的な導入実績を誇る
世界基準のアクセスコントロールシステム

高千穂交易
 ビジネスソリューション事業部 スペシャリスト
 小島 浩史

■製品名:アクセスコントロールシステム
 圧倒的な導入実績を誇る世界基準のアクセスコントロールシステムで、豊富なカード、カードリーダー、認証機器を接続可能。
 小規模から大規模までの入退出システムの構築が可能。LAN、WANネットワーク対応。
 クライアントにより、ネットワーク経由でCCUREサーバの遠隔操作が可能。
 CCTV連携でCCUREシステムマップ上のカメラアイコンをクリックすると映像を表示。
 ディレトリサーバ、外部DBシステム、ERPシステムとの連携も可能。

■最適市場:
 小規模から大規模までの入退出の構築が可能なシステムでセキュリティシステムの安定した運用が可能。
 また、DB連携で業務アプリケーションとの連携により、業務の効率化がはかれる。
 グローバル企業、データセンター、大型ショッピングモール、工場、研究所、などで多数の実績があり。

■活用事例:CCUREは、業種、業界、規模を問わず、多方面で導入されているシステムで、多くの事例では、社内ネットワークを活用し、1サーバ+多拠点接続で運用されている。
 グローバル企業では、同構成をワールドワイドに展開。
 小規模の事例では、1システム1扉〜3扉もある。
 現在の経済情勢ながら、セキュリティを確保することはとても大事な事であるという認識を持つお客さまも多く、予算に合わせて小規模から始めて徐々に拡大の導入計画で展開を進められている。
 また、Videoシステム(アナログ/IP)との連携機能への関心も年々も高くなり、導入いただいたお客さまからは高い評価を得ている。
 今後は、新製品CCURE9000日本語版やAES暗号化通信をサポートしたコントローラ、PoE対応のコントローラ、モバイル製品などが続々とリリースされる予定。

高千穂交易
http://www.takachiho-kk.co.jp/

2010年1月18日発信

 
会社案内お問い合わせ