日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

低コストで店頭での盗難防止を実現
有線式ディスプレイ商品ガート「pipi Eyes(ピピアイズ)」


  潟Gスキューブは、携帯電話ショップや家電量販店等の店頭で多発する盗難を防止するため「pipi Eyes(ピピアイズ)」を発売。
 昨今の携帯電話ショップでは、従来の「擬似品展示」に代わり、実物を体感できて購買意欲を高める「実機展示」が必須となっている。
 が一方では、高額な商品の盗難が相次ぎ、ロス被害が店舗運営上問題となり、その対策が急務となっている。
 こうした状況下、長年培ってきたディスプレイ商品向け盗難防止システムのノウハウを活かし、携帯電話や小型デジタル家電等の商品の盗難防止に効果的であり、しかも従来市場価格の半額程度の低価格を実現した「pipi Eyes(ピピアイズ)」を開発。
 使い方はシンプルで「pipi Eyes(ピピアイズ)」のセンサー部をディスプレイ商品に取り付け、本体は什器等に固定する。
 不正に外したり、切断したりすると本体が発報、発光するシステムだから、瞬時に特定することが可能となった。
 製品のラインアップとしては、センサー部がループタイプ、超小型センサータイプの2種類、また、センサーの本体をつなぐコード部はストレート、カールの2種類の合計4種類を取り揃えている。
 このうち、超小型センサータイプに関しては、ディスプレイ商品との接着面積が少なく、接着力が弱いため、センサー部がはずれ誤発信しやすい欠点があった。
 そこで、接着面積拡大のため開発した蝶つがい式の「ガードウイング」を採用することで、少ない面積でも確実に取り付けることが可能になった。
 また、ガードウイングによりディスプレイ商品の角にセンサーを取り付けることができ、小型化する商品にも安定した効果が期待できる。

潟Gスキューブ
http://www.s-cubekk.co.jp/

2010年1月4日発信

 
会社案内お問い合わせ