日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

小規模オフィス向けセキュリティーアプライアンス
「SmartSecurityOffice」シリーズ3 製品を発売


 三菱電機インフォメーションテクノロジー(以下MDIT)は、小規模オフィス向けに、全通話を録音できるIP-PBX、無線カメラが可搬容易な録画録音および文書アクセス制御の3種類のセキュリティーアプライアンス「SmartSecurityOffice(スマートセキュリティーオフィス)」を1月13日から発売予定。

■発売の狙い
  企業は「取引リスク」「社会リスク」など各種のリスクを抱えている。
 社員の多い本社などは対策が進んでいるが、従業員が10名から20名程度の支社・支店・営業所へのセキュリティー対策はこれからと言える。
 そこで、MDITは、小規模オフィスを対象に、通話記録を録音できるセキュリティーアプライアンス「SmartSecurityOffice Voice(ボイス)」、窓口や応接室などの接客状況を録画録音できる「SmartSecurityOffice Image(イメージ)」、アクセス制限(印刷させない、コピーさせない等)したい文書を簡便に保護できる「SmartSecurityOffice Data(データ)」を発売。

■製品の特徴
1.Voice IP電話で通話料金を削減でき、合わせて全通話を録音。
  IP電話機もパッケージ化しており、ITの専門知識を持たない方でも設置するだけですぐにIP電話を利用開始することができ、通話料金を削減できる。
 合わせて、通話録音を用いれば、全通話が録音でき(約6,900時間の通話録音が可能)、言った言わないのトラブル解消や、受注内容の確認などに有効。
2.Image 簡単に録画録音、無線カメラは持ち運び容易。
 建物内で移動が容易なマイクつき無線カメラもセットになっており、ITの専門知識を持たない方でも設置するだけですぐに録画録音を開始することができる。
 窓口や応接室などの接客状況を録画録音でき(約390時間の録画・録音が可能)、言った言わないのトラブル解消に、伝わったかどうかの確認に有効。
 同一機種間で、簡易的なWeb会議システムも使用でき出張旅費や移動時間の削減も行える。
3.Data アクセス制限(印刷させない、コピーさせない等)したい文書を簡便に保護。
 アクセス制限(印刷させない、コピーさせない等)したい文書を簡便に保護し、かつファイルへのアクセスログを管理できる。
 ITの専門知識を持たない方でも導入マニュアルに従って簡単な設定を行うだけで、すぐに利用開始できる。
 約40万文書と5年分のアクセスログを保管できる。  

三菱電機インフォメーションテクノロジー
http://www.mdit.co.jp/ssoffice/

2010年1月4日発信

 
会社案内お問い合わせ