日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

高度利用者向け緊急地震速報サービス「SIGNA BEET」を開発・販売
「揺れる前に知る」技術が地震による人的被害や損失等を軽減

  潟Aイザックは、気象庁から配信される「高度利用者向け緊急地震速報」を利用し、大きな揺れが来る前に地震情報を提供する緊急地震速報受信端末「SIGNA BEET」を開発した。
 緊急地震速報サービスは、人命の安全確保、危機管理及び防災対策取組みの一環、事業継続計画の一環等に欠かすことの出来ないサービスになりつつある。
 販売については、関西を中心に警備事業を展開している日本パナユーズ梶i「予報業務許可事業者:許可第159号」)とのコラボレーションにより、24時間365日「安心で安全」な配信サービスと共に、2010年3月より販売及びサービスの提供を開始した。
 潟Aイザックと日本パナユーズ鰍ニの緊急地震速報サービス事業におけるコラボレーションは、「信頼と安全・安心&最先端のIT技術ソリューション」によりユーザーマーケット拡大のきっかけになるものと期待されている。

■高度利用者向け緊急地震速報サービス「SIGNAL BEET」の主な特長
1.高信頼・低価格を実現
 緊急緊急地震速報受信端末「SIGNAL BEET」は、立地固有の地盤情報に基づく地盤増幅率を採用し、設置した場所での地震震度と揺れ到達までの時間を算出する端末演算方式を採用している。
 専用デバイスの採用により、小型化・高信頼性・低価格化を実現した。
 さらに安定した運用を実現するために、ファンレス、ディスクレスの専用ハードウエアにより、長時間連続運転を実現した。
2.迅速な運用サポート
  同社のICT開発技術と警備会社の設備監視サービスを融合させ、お客様に設置した「SIGNAL BEET」に通信異常が発生すると監視センターシステムで警報があがり、お客様へご連絡。「SIGNAL BEET」が地震を感知するとご指定のメールアドレスへメール通知する仕組み。
3.安心で安全な配信サービス
  「SIGNAL BEET」への配信サービスのみならず、警備会社とのコラボレーションにより24時間365日安心して使える配信サービスの提供が可能。
 また、中枢になる配信サーバーシステムはデーターセンター(高信頼度・高セキュリティコンピュータ専用ビル)に設置している。

潟Aイザック
 http://www.isaac.co.jp/

2010年3月15日発信

 
会社案内お問い合わせ