日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

シフト勤怠管理システム「ShiftPlanner(シフトプランナー)」
2010年4月施行の「労働基準法の一部を改正する法律」に対応

 エプソン販売鰍ヘ、ASPサービスによるシフト勤怠管理システム『ShiftPlanner(シフトプランナー)』の最新版を、2010年3月下旬より発売。
 今回の労働基準法改正(2010年4月1日から施行)では、時間外労働の割増賃金率が引き上げられ、1ヶ月に60時間を越える時間外労働については、現行の25%から50%に引き上げられる。
 また、1ヶ月45時間を越える時間外労働についても、法定割増賃金率25%を超える率を定める努力義務が労使に課される。
 本改正法により、労働時間管理はこれまで以上に複雑化することが予想される。
  最新版では、これらの法改正に対応した勤怠実績の集計から管理までをスピーディに行うことができ、企業における勤怠管理の実務処理の負担を軽減する。
  『ShiftPlanner(シフトプランナー)』は、勤務シフト作成・出退勤打刻・勤怠実績集計までを一括管理するASPサービスのシフト勤怠管理システム。
 複数拠点の勤怠情報を、インターネット環境を介して効率よく管理・共有。
 多拠点展開する企業での勤怠多店舗チェーン店のフレキシブルな勤務シフト作成と正確な勤怠管理を実現できる。
 勤怠の打刻にはID/パスワードによる認証を行うほか、FeliCaやおサイフケータイなどを利用した打刻認証により、不正打刻を抑止する事も可能。
 さらに、過重労働防止に役立つ警告表示機能など各種アラート機能を装備している。
 また、エプソンの給与計算ソフト「給与応援」と勤怠データ、従業員マスターデータを簡単に連携させる事が可能で、エプソンインターネットデータセンターで自動集計された各拠点の勤怠実績データを連携させることで勤怠管理から給与計算までの一連の処理を迅速化できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

エプソン販売
 http://www.epson.jp/products/shift/cost/

2010年3月1日発信

 
会社案内お問い合わせ