日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

わが国初のリアルタイム動画像による遠隔確認システム
「セコム無線画像伝送システム」を販売開始

遠隔地の親・車・公共空間などの状態を動画像でリアルタイムに確認

 セコム鰍ヘ、無線動画像による遠隔確認システム「セコム無線画像伝送システム」が発売された。
 今回のシステムは、監視カメラと記録装置(レコーダー)、通信ユニットを設置するだけで、離れて暮らす一人暮らしの親や自宅のペット、車両の事故やトラブル、公園や河川などの公共施設の状態を携帯電話(テレビ電話機能付き)やパソコンでリアルタイムに動画像で確認できるシステム。
 特に、車両の搭載では、わが国初のリアルタイム動画像による遠隔確認システムとなる。
 近年、タクシー内での乗客による運転手への暴行事件、タクシー強盗といった事件が後を絶たない。
 また、車両の交通事故の記録として、映像記録型ドライブレコーダーを導入する企業が増えている。
 これまでのドライブレコーダーは、画像を記録し、事後に原因究明として使うものであり、事故発生直後の状態をリアルタイムで知ることはできなかった。
  今回の「セコム無線画像伝送システム」は、事故発生直後、あるいは運転手が乗客とのトラブルで不安を感じた際に通知ボタンを押すことで自動的に通知メールが管理者に送られ、管理者は事故発生前20秒、発生後10秒の記録動画像と、リアルタイムの動画像を確認することができ、迅速な対応を可能にした。
 また、合わせてマイクとスピーカー(ダブルカメラに標準搭載)を通じて、音声通話もできる。
 高齢化や核家族化が進む現在、遠く離れて暮らす一人暮らしの親の状態を知りたいという切実な要望も増えている。
 このシステムは、インターネット回線などを不要とし、無線(携帯電話のテレビ電話機能)を利用することで、監視カメラなどを設置すれば、遠隔地に住む親の状態をリアルタイムで確認することができる。
 さらに、このシステムを利用することで、これまで難しかった公園や河川などの公共空間の状態確認なども実現することができ、「セコム無線画像伝送システム」は、大幅な工事や複雑な設定、インターネット回線の敷設が不要であり、今後さまざまな場所や用途で利用されることで社会の不安解消に貢献することが期待されている。

■「セコム無線画像伝送システム」のしくみ
  遠隔画像管理・確認を必要とする建物や車に監視カメラと記録装置(レコーダー)、通信ユニットを設置。
 無線を使うことで、カメラが設置された場所の映像がリアルタイムで確認できるため、迅速な対応や処置を行うことが可能。
 利用方法は大きく以下の3方法。
(1) 自主的に現地の状態を動画像と音声で確認。 サイトに新ページを開設システム設置先の状態を、遠く離れているお客様がテレビ電話機能付きの携帯電話などから動画像と音声で確認することができる。
(2) 電子メールで設置先の情報を自動通知。 システム設置先のご家族などに不測の事態が発生した場合、または設置先でご家族などが不安を感じた場合、「通知ボタン」を押すだけで、お客様があらかじめ指定した携帯電話のアドレスに自動的に電子メールでお知らせる。遠隔地の家族や管理者は電子メールを確認し、ご自身の携帯電話で現地の状態を動画像や音声で確認するとともに、会話することができる。
(3) 複数設置先の統合管理。 車両や公共空間など、複数の設置場所の状態を管理する場合は、お客様先に専用監視卓(専用の監視卓ソフトをインストール)を設置することで、動画像や位置情報などが専用卓で受信でき、統合管理することができる。また、専用卓では設置場所で撮影された映像をリアルタイムで確認することができる。

セコム
 http://www.secom.co.jp

2010年4月5日発信

 
会社案内お問い合わせ