日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

侵入者を、素早く、かつ確実に検知する
「レーザー式測距センサー」

  セコム鰍ェ現在開発中の「レーザー式測距センサー」は、レーザー式測距技術を応用し、屋外での侵入者を、素早く、かつ確実に検知する侵入者検知センサーある。
 従来、屋外からの侵入を検知するためには、対向型の赤外線センサーを使用して“線上”の警戒線を用い、これが遮断されることにより、侵入者検知を行ってきた。
 しかし、「レーザー式測距センサー」は半円状の監視エリアを“面”として監視することでより確実な侵入者検知が可能となる。

★特徴
・ 一つのセンサーで広範囲の侵入者検知が可能
   180°、半径30mを監視エリアとして半円状のエリアを監視可能
・ 独自のアルゴリズムでより確実に侵入者を検知
   センサーから侵入者・物までの距離や、侵入者・物の大きさ、方向、移動の速度など複数の情報を独自の手法により総合的に判断。
  侵入者とそれ以外(小動物)により検知を確実に分離判定する。
・ 設置工事の省力化
  従来の赤外線センサーによる侵入者検知の場合、赤外線を遮る植栽や柱を避け、監視範囲の最外周部にセンサーを設置することが必要であった。
  しかし「レーザー式測距センサー」は、直近の建物や塀などへ取り付けて使用可能なため、設置工事の省力化・低コスト化を実現。


セコム
http://www.secom.co.jp/

2010年5月17日発信

 
会社案内お問い合わせ