日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

ネットワークカメラシリーズを拡充
赤外LED照明付きドーム型カメラなど2機種

TOA鰍ヘ、セキュリティ用途のネットワークカメラシリーズを拡充し、ドーム型カメラ2機種を新発売。
 今回、プログレッシブスキャン方式を採用した小型で高画質な「ネットワークドーム型カメラ」を発売し、ラインアップを拡充。
 発売するのは、屋内設置用途の固定型で、赤外LED照明の有無別に2機種。
 加えて「カメラ天井埋込金具」1機種も同時発売。

  商品名              品番      希望小売価格    年間販売台数
ネットワークドーム型カメラ  N-CC2230D2   オープン価格      計約240台
ネットワークドーム型カメラ  N-CC2230R2   オープン価格      計約240台   赤外LED照明付き 
カメラ天井埋込金具      C-BC2230U   オープン価格
*カメラ本体の実売予想価格は、約15万円前後の見込み。

◆市場としては、オフィスビルや工場等のセキュリティシステム、駅・空港などの交通施設、多店舗展開するチェーン店での遠隔監視など、広域・多地点での監視用途に最適。

◆主な特徴は、以下の通り。
1)高画質を実現
 プログレッシブ方式/プログレッシブスキャンCCDを採用し、高画質を実現。
 一回の走査で画面を読み取るため、垂直解像度が向上し、被写体の輪郭を鮮明に撮影可能。
 撮影画像は、リアルタイム監視用途としてMPEG-4による滑らかな動画を、記録用途としてJPEGによる鮮明な静止画の同時送信が可能で、高い利便性を誇っている。
 その他、逆光時でも見やすい画像を撮影する「逆光補正機能」、低照度時の映像に出るノイズを電気的に減少させる「ノイズリダクション機能」など映像の補正機能も充実している。
2)夜間撮影にも対応
 赤外LED照明付きモデルもラインアップ(N-CC2230R2)/夜間になると自動的に感度の高い白黒撮影に切り替え、しっかりと被写体を撮影する「デイナイト機能」を搭載。
 加えて、N-CC2230R2では赤外LED照明を搭載し最低被写体照度0lxを実現。
 光源がまったく無い場合でも、最大12m先までの撮影可能。
 夜間の倉庫・オフィスなどの光源が無い場所や、民家の窓に隣接する施設など、光害のため照明を取り付けられない市場に最適。
3)いたずら検知機能
 カメラの向きを変えられたり布で覆われるなどして、映像全体に大幅な変化が生じた場合に検知を行う「いたずら検知機能」を搭載。
 アラーム信号の送出や、検知があったカメラに自動的にネットワークを接続して映像の確認を行うことなどが可能。
4)音声対応
 高品位音声の双方向伝送に対応。
 マイク(別売)や拡声放送設備(別売)と組み合わせれば、映像とともに音声の遠隔監視ができ、加えて音声による犯罪者への警告も可能。


TOA
http://www,toa.co.jp/

2010年5月24日発信

 
 
会社案内お問い合わせ