日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

組織を超えた安全なファイル共有を実現する
WEBパッケージ「SafeShare」の提供を開始

 情報漏えい防止技術を提供しているサイファー・テック鰍ニ、CMSなどの情報共有システム構築に実績がある潟Aイロベックスは協同で、組織を超えた安全なファイル共有を実現する内部統制対応のWEBパッケージ「SafeShare」の提供を開始した。

【背景と目的】
 ビジネスの多様化やグローバル化など、昨今の企業活動では企業をまたいだ情報伝達・共有が必要とされ、多くの重要な情報がデジタルデータでインターネットを介してやりとりするケースが増えている。
 情報伝達・共有手段として電子メールやインターネット上の無償配布サービスなどがあるが、情報流出のリスクや共有状況の把握が出来ないなど企業にとって大きな問題がある。
 大手企業などへ情報セキュリティサービスを提供しているサイファー・テック鰍ニ、CMSなどの情報共有システム構築に実績がある潟Aイロベックスは業務提携し、情報共有に特化したWEBシステムに信頼の情報セキュリティサービスを搭載した利便性と経済性に安全性を備えたオールインワンパッケージ「SafeShare」の提供を開始した。
 重要な情報を取り扱う製造業や製薬企業、また価値あるコンテンツを扱う教育関係の事業者などを中心に初年度50社程度の導入を想定している。

【SafeShare導入のメリット】
■内部統制対策を強力に支援
 ファイルの利用ログの管理や情報セキュリティ強化など、内部統制実施基準で求められる「IT全般統制」に対応できる。
■低コストでスピーディーに導入
 情報共有WEBシステムにセキュリティサービスを搭載したオールインワンパッケージの導入となり、低コストでスピーディーにスタートできる。
■情報漏えい防止対策
 信頼の情報セキュリティサービスを搭載している。不正コピーや関係者外への流出を防げる。
■共有状況の把握
 誰がどのファイルをいつアップロード、ダウンロードしたかを記録する。共有状況の一元管理が行える。


サイファー・テック
http://www.cyphertec.co.jp

潟Aイロベックス
http://www.ilovex.co.jp

2010年6月14日発信

 
 
会社案内お問い合わせ