日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

緊急連絡体制を危機管理サービスに応用
「初動オペレーションサービス」と
「セコム緊急連絡網サービス」を販売開始

 セコム鰍ニセコムの情報系グループ会社のセコムトラストシステムズ鰍ヘ、「初動オペレーションサービス」と「セコム緊急連絡網サービス」を7月から販売開始する。
 両サービスは、セコムトラストシステムズが、セキュリティ事業で培ったセコムの緊急連絡の運用ノウハウを機能レンタル型サービスとして開発したもの。
 大規模災害に限らず、事故や情報漏えいなど事業の継続(BCP)に影響しかねない重要事案の発生時には、迅速な対処が求められており、そのためには“事案発生の確実な把握”と“組織内でのスピーディな情報伝達”が求められる。
 これまで、企業や教育機関などでは、緊急事態が発生したときには、独自に作成した緊急連絡網をもとに、自社部門やコールセンターが窓口となり、連絡の伝達が行われていた。
 しかし、近年高まる個人情報や機密情報の保護という観点から、重要事案のより安全で確実な手段が求められてきた。
 そこで、セコムとセコムトラストシステムズが発売する「初動オペレーションサービス」は、重要事案が発生した際に、社員や関係者からの連絡を24時間365日、セコムトラストシステムズの専門スタッフが受け付け、事案発生を迅速に通知するサービスである。
 重要事案発生時の連絡体制を確立することで、的確な初動の早期開始をサポートする。
 本サービスは、セコムがセキュリティ事業の中で実際に運用している緊急連絡体制のノウハウを機能レンタル型のサービスとして利用するもので、企業や組織の危機管理体制の整備に幅広く活用できる。
 また、大規模災害時に限らず、日常発生するさまざまな緊急連絡を携帯やパソコンから速やかに電子メールで一斉通知し、応答結果を集計画面で確認することでスピーディな情報伝達が実現できる「セコム緊急連絡網サービス」を同時発売する。

セコム
http://www.secom.co.jp/corporate/release/2010/nr_20100629.html

2010年7月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ