日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

「印字検査」と「バーコード/2次元コード検査」
内容照合システムを開発・発売

 オプテックス・エフエー鰍ヘ、8月2日、簡単かつ低価格で構築できる印字とバーコード/2次元コードの内容照合システムを発売。
 これまで賞味期限や製造番号などの「印字検査」と「バーコード/2次元コード検査」を連動してチェックするには、文字認識カメラとコードリーダに加えてシーケンサが必要となり、プログラミングの手間が発生していた。
 オプテックス・エフエー鰍ナは専用のソフトウェアを開発することで、シーケンサを介さずに、印字とコードの読取結果を簡単照合できるシステムを実現した。
 これにより、例えば食品や医薬品の包装工程において、文字認識カメラで読み取った「賞味/使用期限」「商品コード」「製造番号」などの印字内容とコードリーダで読み取った「バーコード」や「2次元コード」の情報を照合可能となった。
 主なシステム構成は、オプテックス・エフエー鰍フ画像センサコントローラMVS-DN、文字認識カメラMVS-OCRとドイツ・SICK AG社のコードリーダmini-lineシリーズである。
 あわせて標準価格は50万円程度と、従来の約半額でシステムの構築が可能。
 公表されている食品事故のうち55%が期限表示や不適切表示などの表示不良が占め、なかでも賞味期限の印字不良は食品業界の生産現場で起こる事故としては常にトップである。((財)食品産業支援センター調べ。) 

 

オプテックス・エフエー
http://www.optex-fa.jp/

2010年8月2日発信

 
 
会社案内お問い合わせ