日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

業界最速の落雷監視サービス
月額数万円の落雷対策が、企業の大切な財産を守る

 日本気象鰍ナは、劾TTドコモ環境センサーネットワークの落雷情報と連携した業界最速の速報性を持つ企業向け落雷監視サービスを開始した。
 近年、全国各地で落雷被害が増えている中、日々の落雷対策には多くの企業が神経を削らされているのが現状である。
 日本気象鰍ナは、劾TTドコモが展開する環境センサーネットワークの落雷情報を始めとする高精度の落雷情報を利用して、業界最速の速報性を持つ落雷監視サービスを提供。
 利用料金は月額1〜5万円と、落雷被害へのリスク対策としてはとても利用しやすい価格といえる。

◆主な特徴
<NTTドコモの環境センサーネットワークと連携>
 落雷監視サービスは全国に対応。特に東京23区など大都市圏では、劾TTドコモの環境センサーネットワークから提供される1分単位の落雷情報を利用することで、より高い精度と速報性を備えた落雷監視が可能。
<雷雲の接近を逃さず通知!落雷監視メール>
  「施設から10km以内に雷を検知したらメール通知」。
 落雷監視メールは、雷雲の接近を分単位で自動検知し、予め登録した携帯電話・PCにメール通知する高性能のメールサービス。
 他にも地震情報や大雨警報など多数の防災情報が利用でき、総合的な防災対策も可能。
 月額数万円の落雷対策が、大切な財産を守り、屋外施設や工事現場、電子機器を扱う工場など、落雷リスクをもつ様々な企業にお勧めの新サービスである。

◆サービス内容
名称: 落雷監視サービス
利用料金:落雷監視メール 月額10,500円(税込)    
      : 気象予報士落雷サポート 月額52,500円(税込)        
※料金はいずれも落雷監視地点が1ヶ所の場合。

日本気象
http://n-kishou.com/corp/guidance/press/100805_kaminari.html

2010年8月30日発信

 
 
会社案内お問い合わせ