日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

進化するメールバッグ、RFIDタグを搭載
銀行・警送会社様向け!!

 

 且O実通商では、RFIDタグを搭載したメールバッグを開発・発売した。
 最先端のRFIDメールバックは約数p〜約30mのエリアで、複数のタグを一括同時読み取りすることが可能なので、人件費削減及び現場業務のスピード化に貢献できるもので、名刺ポケットにICタグ・ラベル(RFID)が入るコンパクトなものである。
  なお、RFIDタグを搭載したメールバッグが、配送業務における各種の検品作業の劇的な効率化を実現させた。
 即ち、
1)何が、どこに、何個あるのか。
 配送ライン上のメールバッグの所在を可視化。
2)場所をとらない小型高性能アンテナが作業現場での目視確認を不要に。
3)大型バッグはもちろん、内包している小型バッグも高速一括自動検品。
4)硬貨など金属物が収納されたバッグでも高い読み取り精度を実現する特殊加工などの数々の利点を持った優れものである。

メールバッグには、 特殊加工RFIDタグを縫込
●RFID導入のメリットは、
1)高速一括読取で作業効率アップをはかる(鞄の中にある小バックのタグも一括読取)。
2)目視作業でのミスもなくなり、人件費も削減(ゲートは不要エリアで受信、小スペース)。
3)RFIDシステムの使い方について、様々な対象課題を解決(オプションで、集配車両の荷積み店舗との鞄の授受の際にも適応可)。

■バーコードと比較すると
1)大容量かつ追記・書換え可能(バーコードは数十バイト程度)である。
2)〜数m程度遠くから複数同時読取(バーコードは〜数m・単体読取・静止状態のみ)。
3)耐久性・加工対応に強い(バーコードは極めて弱い)。

且O実通商
http://www.mitsumitsusho.jp/index_.html

2010年9月21日発信

 
会社案内お問い合わせ