日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日本初!凶悪強盗自動検出システム
「インテリジェント非常通報システム」を開発

 

 セコム鰍ヘ、凶悪強盗を挙動により自動異常検出するセキュリティシステム「インテリジェント非常通報システム」を開発。
 9月21日から販売を開始。
 「インテリジェント非常通報システム」は、一般事務所・店舗向けの、画像処理、音声処理技術を用いた非常通報システムとしては、日本初(セコム調査)となる画期的な強盗自動検出システム。
 警察庁調べによると2009年中の強盗事件の認知件数は4,512件で、2008年中に比べ5.5%増加。
 犯罪強要物別にみると、刃物類を使ったケースが全体の35.8%と最も高く、そのほかにも銃器や刀剣類が使われることもあり、凶悪化している。
 また、オフィスや店舗、金融機関などで発生している強盗事件は、従業員数が少なくなる閉店間際や深夜に起こることが多いなど、さまざまなケースがあり、従来の強盗対策のセキュリティシステムでは、異常に気づいた職員や店員が警察に通報、セキュリティ会社への非常通報ボタンを押すなど、人による操作が必要であり、状況に応じて訓練どおり操作を行うことができず、通報が被害発生後になってしまうケースもあった。そこで、社員・店員・来客者の安全性の確保ができる、より効果的な防犯対策が求められていた。
 セコム鰍ェ開発の「インテリジェント非常通報システム」は、同社が得意とする画像処理技術や音声処理技術を用い、同社のオンライン安全システムと接続することで、操作を必要とせず、強盗の早期自動検知と早期対処を可能にした。

セコム
http://www.secom.co.jp/corporate/release/2010/nr_20100831.html

2010年9月6日発信

 
会社案内お問い合わせ