日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

既設のメタル通信線でIP映像伝送が可能
メタル線IPモデム「MLCNET-G200シリーズ」発売

 三菱電機鰍ヘ、既設のさまざまな線種のメタル通信線を活用して、動画映像伝送など高品質なIP通信を実現する産業用メタル線IPモデム「MLCNET-G200シリーズ」2機種(親機・子機各1機種)を発売。

主な特長
@ 既設メタル通信線を使って映像伝送に使用可能な高速通信を実現。
・ 既設の電話線・同軸線・ツイストペア線などのメタル通信線を活用して動画映像伝送が可能
・ 既設のメタル通信線をそのまま使えるため、新たな配線が不要で工事費削減が可能
・ 通信を妨げるノイズを自動で検出して補正し、安定した通信品質を確保
A 1対のメタル通信線で最大8台の子機接続を実現。
・ 1対Nのマルチドロップ接続により最大8台の子機が接続でき省配線化
・ 子機を中継機として利用することにより10km程度の長距離伝送が可能
・ 国際標準IEEE 1901のダイナミックポーリングTDMA方式採用によりデータが集中した場合でも確実に通信可能
B 自社開発LSIにより機器を安定継続供給。
・ キーデバイスの専用通信用LSI「MAICOD」を自社開発し、機器を安定継続供給

三菱電機
神戸製作所 営業部企画課 TEL 078-682-6249
http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0926-a.html

2011年10月11日発信

 
会社案内お問い合わせ