日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日常の体調管理や、インフルエンザなどに役立つ
非接触ミラー型皮膚温度計「サーモミラー SX-01シリーズ」

NEC Avio赤外線テクノロジー鰍ヘ、インフルエンザなどによる高熱者の発見に役立つスクリーニング用装置の最新機種として、非接触で皮膚温度の測定ができるミラー型皮膚温度計「サーモミラー SX-01シリーズ」を発売。従来から提供しているカメラ型のスクリーニング用サーモグラフィと比べて価格を10分の1以下におさえており、企業や学校、病院、施設などがより手軽に導入することが可能。
 新製品は、自分で鏡を見ながら額などの皮膚の温度を測定できる装置であり、企業の受付やホテルのフロント、学校などへの設置を想定している。
 通常の体温計は皮膚に接触させて測定するため、菌やウィルスによる二次感染を防ぐために、毎回の消毒が必要。
 「サーモミラー」は皮膚に投射されるLED光(測定マーカ)をミラーで確認しながら、非接触で任意の場所の皮膚温度を測定することが可能。
 そのため、まったく装置に触れることなく皮膚温度を測定でき、二次感染の心配がない。
 また、設定された温度以上の高熱を感知するとアラームで知らせる判定機能を搭載している。
 皮膚温度は環境温度により変動するため、体温が38℃以上ある人の皮膚温度のアラーム値を室温から自動的に計算する「アラーム温度自動計算機能」を搭載。
 さらに、アラーム検出時に接点信号を出力し、入退場ゲートなどの外部機器と連動させることが可能(SX-01Bのみ)。
 測定待受け時には、ミラー面に室温・湿度や日付・時刻を表示。
 ハーフミラーを使用したスタイリッシュなデザインを採用し、ホテルのフロントや受付、洗面台等にも違和感なく設置することが可能。
 ミラーの角度や高さが調整できるほか、壁掛けや三脚ネジ、盗難・落下防止チェーンへの取り付けにも対応し、様々なシーンでの設置が可能となっている。

NEC Avio赤外線テクノロジー
http://www.nec-avio.co.jp/jp/products/thermo-mirror/index.html

2011年1月24日発信

 
会社案内お問い合わせ