日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

JR東日本のSuicaカードに対応した入退室管理システム
「Suica対応入退室管理システム」を販売開始

 セコム鰍ヘ、入退室管理システムの新たなラインアップとして、東日本旅客鉄道鰍フICカード乗車券(Suica)に対応したシステムの販売をこのほど開始した。
 昨今、個人情報保護、情報漏えいの防止の対策として、厳格な入退室管理のニーズが高まってきている。セコムはこのようなニーズに応えるべく、企業規模、規制レベル、防犯機能など、顧客の要望に合わせた最適な入退室管理システムの提供を行っている。
 現在、交通事業者での相互利用などでのICカード乗車券が世の中に広く普及し、電子マネー機能の利用やクレジットカード一体型など1枚のカードで多彩に利用できるカードへと変化してきている。
 オフィスビルなどの大中規模ビルにおいても厳格な入退室管理として、ICカード所持が義務付けられる状況にある。
同社はすでに、セコムワイヤレスICカード、マイフェア(MIFARE)、エルワイズ(eLWISE)、フェリカ(Felica)といったICカードに対応できる入退室管理システムの販売を開始しているが、公共交通機関を利用する多くの方々がすでに所有しているSuicaをセキュリティシステムの入退室管理用カードとして使用したいというニーズが高まっている。
 そこで、同社は、Suica専用の入退室管理システムを新たなラインアップとして取り揃えることにした。
 すでに広く普及しているSuicaを入退室管理という日常に密着したシステムと融合させることで、社会生活の利便性向上にさらなる貢献をすることが期待されている。

◆「Suica対応入退室管理システム」の主な特長は以下の通り。
(1) お客様がすでにお持ちのSuicaで入退室管理が可能。
 入退室管理用のICカードを新規に導入することなく、現在所有するSuicaを利用できるため、オフィスや施設へのセキュリティシステムの導入もスムーズに行うことができる。
(2) セキュリティのセット/解除を1枚のカードで操作。
 侵入をはじめ、火災・非常通報・設備異常をオンラインで監視でき、これらのセキュリティのセット/解除をSuicaで操作することができる。
 また、異常発生時には、セコムの緊急対処員が緊急対処に駆けつける。  さらに、保守契約内容にもとづき、設備異常を24時間365日監視するほか、迅速な保守対応も可能。
(3) 入退室を一元管理。
 入退室履歴の確認をはじめ、カード所有者ごとに、入室可能エリアの設定や入室可能時間の設定を顧客にて管理することができる。顧客のニーズに合わせて柔軟な入退室理を実現できる。

セコム
http://www.secom.co.jp/

2011年1月31日発信

 
会社案内お問い合わせ