日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

地震被害予測から構造物の耐震対策、
防災計画・減災計画の総合防災ソリューション

轄\造計画研究所

■ブース番号 E-216

■今回出展製品の概要と特長
@作業遠隔支援システム
 遠方の多地点間を映像、静止画、音、テキスト、図面など状況に応じた様々な手段にてコミュニケーションをとることが可能です。
 また、そのコミュニケーションの履歴が自動的にDBに蓄積され、再生やマニュアルとしての活用が可能です。
A災害リスクマネージメントソリューション
 自然災害時における災害シナリオ作成からリスク評価分析、地震PML評価、災害安全性評価レポートの作成など、事業継続計画(BCP)の策定や、緊急時対応までトータルにサポートするソリューション
B3次元免震システム
 地震時の水平方向の揺れはもとより、従来困難とされていた上下方向の揺れにも対応できる低層建物向け免震システム「ハイパーエアサスペンション」

 

■代表製品の最適市場・活用事例など
@作業遠隔支援システム
  自治体や工場・施設を保有している企業など、複数の被災現場と災害本部とをリアルタイムに情報を共有することができ、遠隔から建物などの応急危険度判定が可能です。
 また、判定した結果を報告書として記録しておくことも可能です。
A災害リスクマネージメントソリューション
  自治体、工場、施設から保険会社を対象に、政府や自治体などの公開情報と当社の蓄積技術を活用することで、各々の地域や建物における被害想定、リスク分析を行い、シミュレーション技術を用いた明確な対策のご提案など、トータルにサポートします。
B3次元免震システム
 東京大学の藤田教授指導のもと、清水建設株式会社、カヤバシステムマシナリー株式会社と共同で開発。
 従来の積層ゴムによる水平方向の免震+空気ばねを用いた上下方向の免震を組み合わせた仕組みとなっております。
 上下方向免震時に課題となるロッキング動をロッキング抑制付オイルダンパーシステムにより克服しております。

轄\造計画研究所
 http://www.kke.co.jp/

2011年1月31日発信

 
会社案内お問い合わせ