日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

1.3メガピクセルCCD採用、最大216倍の望遠撮影
防犯カメラ「屋外メガピクセルズームカメラ」

  TOA鰍ヘ、防犯カメラ「屋外メガピクセルズームカメラ」を新発売。
 「屋外メガピクセルズームカメラ」は、ネットワークに直接接続して映像の閲覧や記録を行うネットワークタイプの防犯カメラシステム。
 カメラ本体に加え、取付金具1機種も合わせて発売。
 同カメラは、「IP66」1対応の防水性能を備え、そのまま野外に設置できる屋外用モデル。
 1.3メガピクセルCCDの採用により、SXVGAの高解像度映像出力(JPEG方式:1280×960ピクセル)を実現し、高精細の映像を撮影可能。
 加えて、光学18倍電動ズームレンズ×12倍電子ズームを搭載し、最大216倍の望遠撮影を実現。遠くの被写体でも鮮明に撮影可能。

◆おもな市場としては、
 屋外駐車場、公園、集合住宅や商業施設の周辺監視などの屋外用途に最適。

◆おもな特徴としては下記の通り。
@ズーム撮影ポイントをあらかじめ記憶。
 あらかじめズーム撮影ポジションを最大16箇所まで記憶し、ワンタッチで呼び出し可能な「プリセット機能」を搭載。
 瞬時に見たい望遠倍率を再現可能。
A見やすい映像を撮影する画像処理機能。
 夜間に自動的に感度の高い白黒撮影に切り替え、しっかりと被写体を撮影する「デイナイト機能」を搭載。
 加えて、同じ映像内の暗い部分と明るい部分を自動的に補正して見やすい画像に補正する「ワイドダイナミック機能」を搭載。光源の変化や昼夜を問わず利用できる。
BMPEG-4とJPEGの同時出力。
 ネットワーク上でのリアルタイム監視用途としてMPEG-4方式の滑らかな動画と、記録用途として高精細なJPEG方式を同時出力。
 用途に合わせた使い分けが可能。
C電源はPoE対応とDC24V対応。
 ネットワークを経由して電源供給を行うPoE(Power over Ethernet)対応。
 加えて、別売のACアダプターを使用すれば、DC24V電源でも使用できる。

TOA
http://www.toa.co.jp/products/security/net_can_see/n-cc2400mz.htm

2011年2月14日発信

 
会社案内お問い合わせ