日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

AzureとSharePointR Onlineを連携させた
国内初のIT資産管理ソリューション

 海SK Winテクノロジは、特定非営利活動法人ソフトウェア資産管理コンソーシアム(以下 SAMCon)が策定したソフトウェア資産管理評価成熟度モデル レベル3の実現をシステム面からサポートする「PerfectWatch for Asset-LifeCycle Cloud Edition」のサービス提供を開始した。
  昨今、ISO/JISで定められたアカウンタビリティ(説明責任)の発生を背景に、ソフトウェアの不正使用による損害賠償リスク回避や社会的信用低下のリスク回避、調達におけるコスト削減などを目的として、ソフトウェア資産管理の重要性は増しており、全国の自治体や企業において整備が進んでいる。
 継続性のあるソフトウェア資産管理体制を証明するためには、「組織全体の方針・規程・管理体制等が適切に定められており、それらの内容に重大な欠陥は無いレベル」を実現する事が必要となる。
 システム面に目を移すと、クラウドの広まりとともにシステムの使用形態にも変化が進み、所有から利用へと進化する中、「MicrosoftR Windows Azure.」の登場により、今まさにIT資産管理ソリューションをクラウド上で利用する機会が到来した。
 こうした状況を受けて同社は、SAMConが策定したソフトウェア資産管理評価 成熟度モデル レベル3の実現をシステム面からサポートする「PerfectWatch for Asset-LifeCycle Cloud Edition」の提供を開始した。
 「PerfectWatch for Asset-LifeCycle Cloud Edition」は、ハードウェア、所有ソフトウェアなどの台帳、業界団体であるBusiness Software Alliance(以下 BSA)の定義に基づくドキュメント体系、資産管理ポータル機能、そして棚卸支援機能を装備することにより、継続的なソフトウェア資産管理を実現。
 日本マイクロソフト鰍ェ提供している「Microsoft Windows Azure」および企業向けクラウドサービス「Microsoft SharePointR Online」を連携・活用した強靭でスケーラブルなクラウドプラットフォームの上で、高度なIT資産管理ソリューションとして提供。
  Microsoft Windows Azure上で管理者が全体を俯瞰できる機能を実装した。
 また、Microsoft SharePoint Online上では一般ユーザーが親しみやすい操作性で利用する事が可能。すでにMicrosoft SharePoint Onlineを利用の顧客では、既存環境への影響なく各自のIT資産情報を閲覧することができる。
 また、顧客は部署単位での利用から全社での利用まで、規模に応じたMicrosoft Windows Azure構成をとることで最適なコストを実現でき、短期間で利用開始ができる。
 さらに、グローバル展開されている顧客にとっては、いずれの国からでも同一の感覚でアプリケーションを利用できるメリットを、Microsoft Windows AzureとMicrosoft SharePoint Onlineにて享受できる。
  なお、「Microsoft Windows Azure」と「Microsoft SharePoint Online」を連携して、SAMConが策定したソフトウェア資産管理評価 成熟度モデル レベル3の実現をシステム面からサポートするソリューションは、国内初となる。
 また、同社は2011年1月、日本マイクロソフトのGoldコンピテンシーの1つである、「Gold Software Asset Management」を国内企業として初めて取得している。
 同社は、IT資産管理ソリューション「PerfectWatch for Asset-LifeCycle Cloud Edition」の開発元として、パートナー各社を通じて販売を行う。
 目標として、2011年度中に30,000台のPCを対象としたサービス提供を目指している。  

海SK Winテクノロジ
http://www.cskwin.com/ConsulService/pw4al/index.html

2011年5月16日発信

 
会社案内お問い合わせ