日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

日本初、新型ホームセキュリティを開発
家族の写真などの個人情報を預かる

 セコム鰍ヘ、無線(室内は従来から無線方式、屋外監視に初の無線を使用)と、インターネットを活用した新型ホームセキュリティシステムを開発。今年12月に販売を開始予定。
 新型ホームセキュリティシステムは、これまでのホームセキュリティという概念を大きく進化させた画期的なシステムと言える。
 新型セコムホームセキュリティシステムでは、従来の「セコム・ホームセキュリティ」の機能はもちろん、同社およびセコムグループとより密接な関係を構築し、日常生活に役立つ「安全・安心」情報をタイムリーに知らせる。
 また、防犯・防火といったセキュリティの基本機能に加え、平時には家族間をつなぐためのコミュニケーションツールとしても活用できる。
 さらに、地震などの災害時や非常時には、あらかじめ登録した顧客の大切なデータの提供を行う「データおあずかりサービス」をホームセキュリティに搭載した日本初のサービスとして開発した。
 東日本大震災から4カ月が過ぎた。
 東日本大震災では、「大事な家族の写真が流された」、「家族の電話番号が分からず、安否確認に時間がかかった」、「自分がどのような薬を服用していたか分からない」といった方が多っかった。
 そこで、新型ホームセキュリティシステムの新機能のひとつである「データ預かりサービス」(仮称)を新たに開発。
 これは、同社の情報系グループ会社であるセコムトラストシステムズ(株)が運営する、最高レベルのセキュリティを施した「セキュアデータセンター」で、家族の写真、緊急連絡先、服用している薬の情報などを預かるサービス。
 また、「セコム・ホームセキュリティ」の基本機能である防犯、火災監視や救急通報(オプション)といった防犯・防火や救急サービスに加え、離れて暮らす家族の自宅などにホームセキュリティが導入されていれば、指定した家族や親戚の間で、写真や情報を共有できる「データ共有機能」(仮称)や「伝言板機能」(仮称)、「遠隔ライフ監視機能」も開発。
 そして、家庭の電力使用量などがホームコントローラー上で確認できる「エコモニターサービス」(仮称)といった、エコ対策につながるサービスも新たに開発した。
 さらに、現在同社が提供している生活支援サービス「セコム・ホームサービス」などに加え、ハウスメーカーや小売店など同社が厳選した企業とタイアップし、顧客限定の日常生活に役立てられる情報をホームコントローラー上で提供する機能も開発した。
 24時間365日セコムとつながっているという安心感と、安心のネットワーク、そしてシステム1つで手軽に日常生活に必要な情報を共有・取得できる、同社だからこそ実現できた新型ホームセキュリティ。
 同社はいざという時に一つでも多くの混乱や不自由を新型ホームセキュリティシステムで解決し、平時でも非常時でも「安全・安心」を提供して行く。

◆新型ホームセキュリティシステムの概要
  新型ホームセキュリティシステムは、従来の侵入異常や火災監視、救急通報(オプション)だけでなく、これまで家庭向けサービスにはなかった個人情報管理をはじめ、家庭内の電力使用量などが確認できる節電対策につながる新サービスを開発。
 さらに、安心できるネットワークを使い家族や親戚間で情報共有できるサービスなど、日常生活をより安全・快適・便利にするサービスを1つのシステムに集約して提供できる。
 新型ホームセキュリティシステムの開発は、防犯をはじめとするセキュリティのノウハウと情報セキュリティのノウハウ、そして高い研究・開発力を持つ同社だからこそ実現できたもの。

◆新型ホームセキュリティシステムの仕組み

◆新型ホームセキュリティの新サービスは以下のとおり。
 同社と顧客を結び「安全・安心」を提供するだけでなく、家族間、同社が厳選した信頼できる企業と顧客をつなぐ、さまざまな新機能が使える。
@「データおあずかりサービス」(※2GBまでのお預かりは無料)
 日本初、ホームセキュリティで個人情報を預かる家庭向けサービス
A同社の安全なネットワークを使った「遠隔ライフ監視機能」と「データ共有機能」(標準機能)
 日本初、ホームセキュリティ間で情報共有できる機能
  ・「遠隔ライフ監視機能」
  ・「データ共有機能」
B日常生活で使える新機能  
  ・「伝言板機能」と伝言確認メール機能(標準機能)
  ・フォトフレーム機能(標準機能)
  ・ホームモニター機能(標準機能)
  ・緊急地震速報機能(標準機能)
 ・「エコモニターサービス」 (※ホームセキュリティのオプションサービス/来年以降、サービス提供予定)
C「ALL SECOMサービス」(仮称)(標準機能)
D「マイページサービス」(仮称)(標準機能)

セコム
TEL 0120-756892

http://www.secom.co.jp/homesecurity/

2011年8月8日発信

 
会社案内お問い合わせ