日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

旋回、ズーム機能などを一体化した防犯カメラ
機能向上した「コンビネーションカメラ」を新発売

 TOA鰍ヘ、防犯カメラ「コンビネーションカメラ」を機能強化し、新商品1機種を8月25日より発売した。
 「コンビネーションカメラ」は、カラーカメラ、電動ズームレンズ、旋回台が一体となった、高解像度の屋内屋外兼用のカメラシステム。
 耐衝撃性能を有し、IP66相当の防滴・防塵性能により、屋内・屋外を問わず設置可能。
 今回発売したのは、従来からの機能に加えて、撮影機能の強化やズーム倍率の向上などを行った新機種。
 加えて、取付金具1機種も同時発売。
◆新商品

品名 品番 希望小売価格年間販売台数
コンビネーションカメラC-CC724オープン価格約500台
カメラ天井吊下金具C-BC724Pオープン価格-

※カメラの実売予想価格は、20〜25万円程度の見込み。
・市場を問わず利用できる汎用型。
 特に、マンションや商業施設などに最適。
◆主な機能向上点
@<撮影機能の強化>
 カメラ本体の最低被写体照度が、従来型の0.4lxから、本機0.1lxに向上。
 加えて、夜間になると自動的に感度の高い白黒撮影に切り替え、しっかりと被写体を撮影する「デイナイト機能」を新たに搭載。
 これにより、星明り程度の明るさである0.0008lxでの撮影が可能となり、夜間撮影機能が大幅に強化された。
 また、明るい場所での撮影では、同一の映像内で明暗を補正し、暗い部分は明るく、明るすぎる部分は明度を押さえて、全体に見やすい映像に調整する「E-WDR機能」を新たに搭載した。
A<ズーム倍率の向上>
 光学ズーム倍率が従来型10倍から12倍に、電子ズーム倍率が従来型12倍から16倍にそれぞれ向上。
 その結果、総合ズーム倍率は従来型の120倍から、新型では192倍(12倍×16倍)に向上し、より遠くの被写体でも鮮明に撮影できるようになった。

TOA
TEL 078-303-5620
http://www.toa.co.jp/products/security/camera_lens/camera_lens_dome/c-cc724.htm

2011年9月5日発信

 
会社案内お問い合わせ