日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

地元の乾麺製造会社など異業種とコラボで
植物工場・セコムハイプラントで生産するハーブを使った新商品開発

 セコム鰍フグループ会社であるセコム工業鰍ヘ、自社の植物工場・セコムハイプラントで栽培している生ハーブからエキスを抽出した原料と地元の温麺「白石うーめん」の乾麺製造を手がける、はたけなか製麺鰍ニ共同で温麺の商品開発を行い、4月までに販売を開始する予定。
  これは、東日本大震災からの復興を目指し、白石市にある地元食品メーカー4社と連携して名産品を開発するもの。
 はたけなか製麺のほか、菓子製造の巨蜑チ苑はセコムハイプラントで製造されるミントを使ったゼリーや餅を開発する予定。
 また、漬物製造を手がける蔵王ピクルス鰍ヘイタリアンパセリを使った漬物を、そしてかまぼこメーカーとはバジルなどを練りこんだ新製品を開発する予定。
 開発された商品は、各社既存の販売ルートのほか、セコムが厳選した食品を通信販売する「セコムの食」での取り扱いも検討。
 セコム工業のハイプラントで作られるハーブは、セキュリティシステムの製造で培った監視制御技術などを応用し、無農薬栽培はもちろんのこと、周年安定した供給を実現させている。
 地元企業と協力して震災復興の一助となることを目指し、ハーブの効能などを生かした新商品の開発に取り組んでいる。
 また、新品種の生産も含めオリジナリティの高い商品開発を進め、食分野への「安全・安心」を追求することで顧客満足度の向上にも努めている。

セコム工業
TEL 0244-25-6100

http://www.secom.co.jp

2012年2月6日発信

 
会社案内お問い合わせ