日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

省施工、省配線を実現する柔軟な配線設計と
豊富な端末機器 バスネットシステムによる防犯システム

 近年犯罪の手口は大胆で凶悪化の一途をたどっており、セキュリティ機器導入が年々増加している。  しかし、セキュリティを導入する際や導入後に様々な問題が発生しているのが現状である。
 例えば、個別に各センサーの警報信号を受信機に取り込む場合、配線工事が大変であったり、部分的に警戒エリアのグループ変更や機器を一時的に止める(バイパスする)場合、工事が発生する。
また、既存システムに機器(センサーや表示機など)を追加したり、延長したりする場合、配線工事が大掛かりである。などの問題である。
 そこで、竹中エンジニアリング鰍ェ提案するのが、バスネットシステムである。
バスネットシステムとは、コントローラと端末を結ぶ高速の情報伝送システムで、同社のシステムは、コントローラから端末機器に呼びかけ、該当するアドレスの端末が返信を行う事で通信をする「ポーリング方式」を採用。
 センサーのアドレス設定により、個別出力とグループ出力を管理できるため、レイアウト変更やグループ変更、一部の機器を一時的に止める(バイパスする)ことも容易となる。
 さらに、長距離でも多点数の伝送が可能となり、従来のリレー接点方式に比べて、省施工・省配線で、機器の追加や延長も容易だ。
 また、中継機を取り付けることにより配線距離がさらに延びることで、大型施設への配線も可能となり、大型施設や工場、駐車場等の状態監視にも最適だ。
 接点出力ユニットを組み合わせることにより、フラッシュライトやサイレンといった威嚇機器も簡単に配線でき、配線コストの大幅削減も可能である。

 同社では、バスネット対応の端末機器を豊富にラインナップしているが、バスネット式赤外線センサー「BUS-50XF/100XF/200XF」の発売を本年春頃開始する予定だ。
 「BUS-50XF/100XF/200XF」は、マイクロ波センサーの信号を入力し、コビネーション化することで濃霧や降雪などの環境悪化時に威力を発揮し、外部入力端子の採用により、誤報対策やアドレス消費の低減にも威力を発揮する。
 「BUS-50XF/100XF/200XF」によって、より安定した外周警戒が可能となる。
 現在、同社は、コントローラや接続ユニットも開発中で、順次発表していくとのこと。

竹中エンジニアリング
TEL 075-594-7211

http://www.takex-eng.co.jp/

2012年3月12日発信

 
会社案内お問い合わせ