日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

日本初、セット・解除不要で警戒態勢に
次世代型オンライン・セキュリティシステムを発売

 セコム鰍ヘ、これまでのセキュリティシステムの概念を一新する「次世代型オンライン・セキュリティシステム」を開発、今年6月をめどに発売する予定だ。
 この次世代型オンライン・セキュリティシステムは、画像監視システム「セコムAX」で培った画像認識技術をはじめ、レーザービームを使い監視範囲を自動更新することができる屋外監視システム「レーザーセンサー」で培ったセンシング技術、ICタグを使った出入管理システム「セコムアクティブICタグシステム」で培ったセンシング技術、そしてオンライン・セキュリティシステムの遠隔画像監視のオペレーションノウハウを結集させた新しい形の屋外監視を中心としたセキュリティシステムとなっている。
 同社のオンライン・セキュリティシステムは、1966年に日本で初めて開発されて以来、進化と多様化を重ねてきたが、警戒区域内に設置されたシステムを時間帯や必要性に応じて、セットや解除といった操作をする必要があった。
 今回開発されたセキュリティシステムは、セキュリティ機器のセット・解除の操作を不要とし、さらに、セキュリティが空白になる時間帯を作らないといった、これまでの既成概念を打ち破る画期的なセキュリティシステムだ。
 次世代型オンライン・セキュリティシステムは、企業や家庭などの外周にセンサーとカメラが一体となったセキュリティ機器を設置。
 そして、建物内に入る資格を持つ社員や家族は認証用のICタグを所持することにより、セット・解除に関係なく24時間屋外の侵入監視を可能とし、不審者を早期に検知することが可能となった。
 さらに、万一の際には、同社のコントロールセンターの管制員が搭載されている監視カメラで異常を遠隔で確認、必要に応じて緊急対処員が駆けつけるシステムとなっている。
 次世代型オンライン・セキュリティシステムは、主に倉庫や工場、研究所、ダム、発電所、福祉施設をはじめ戸建住宅など、敷地への出入者がある程度限定されている場所のセキュリティ対策に適している他、火災などの災害時の避難誘導システムや、急病による倒れこみ確認、タウンセキュリティなど様々な利用用途が考えられる。

 

 


セコム
TEL 03-5775-8100

http://www.secom.co.jp

2012年3月19日発信

 
会社案内お問い合わせ