日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

契約書の紙原本と電子データを紐付けてクラウド上で管理できる
「SRIクラウド for 契約書管理」

 潟Zキュリティリサイクル研究所は創業以来、機密文書管理専門会社として新しいサービスを確立してきた。
 企業間の契約書、金融機関の契約書・申込書、医療機関のカルテ・レントゲンなど、箱単位での預かりだけでなく、ファイルボックスや冊子、書類一件単位での管理が求められる要件への対応力を強みとしてきた。
 今回、多くの企業が管理に課題を抱えている企業間の契約書管理について、紙と電子を統合した管理サービス「SRI クラウド for 契約書管理」を新たに展開した。
 これまで、一つの契約書でありながら、紙と電子という媒体の違いから、紙原本と電子データは異なるシステムとフローで管理せざるをえなく、電子データはすぐに検索できても原本を探すのに手間がかかったり、台帳の情報が食い違っていたり、といった非効率で不統一な管理状況が多く見られていた。
 そこで、同社は紙原本と電子データの契約書を統合管理できるシステムを開発した。
 これにより、契約書管理業務を一元化させることができるようになる。
 契約書ごとの期限管理や利用者の権限管理、原本の出庫や電子データの閲覧などの履歴管理が全て集約できる高い利便性が魅力だ。
 また、電子化作業や追加書類の差し込み作業といったバックオフィス業務も代行できるので、契約書の管理業務全般を委託し、ビジネス効率の飛躍的な改善が実現できる。

■概要
1.契約書の原本もデータも安全に管理
 ・セキュリティの整った施設で契約書ライフサイクル(保管〜廃棄まで)をトータルサポート
 ・電子データはNRIセキュアテクノロジーズの秘密分散技術を使ったクラウドサービSecureCube / Secret Shareと連携。震災対策にも考慮した厳格な管理体制を構築
2.契約書に特化した管理機能
 ・契約期限の通知、更新、終了、自動更新等の契約期限機能を搭載
 ・ウェブでかんたんに台帳を管理でき、社内に散在する契約書台帳を一元管理可能
 ・社内すべての契約書の検索、管理をウェブでトータルマネージメント
3.アウトソーシングで社内管理コスト・管理手間を大幅削減
 ・契約書原本の管理、追加書類の差し込み、電子化作業、検索項目の入力作業など、面倒な作業はSRIが代行  
・契約書は全て電子化する必要はなく、必要なときに必要な分だけを電子化
 ・従量課金で余計な費用は一切不要

潟Zキュリティリサイクル研究所
TEL 03-3551-5711
http://www.sri-net.co.jp

2012年4月16日発信

 
会社案内お問い合わせ