日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

アナログシステムを「かんたん」リプレース
デジタルCCTV システム「MELOOKμ+」発売

 安心・安全への社会的な関心の高まりに伴い、CCTV システムに対するニーズは高機能化・多様化しており、アナログ方式からデジタル方式への移行が進んでいるが、一方で、アナログシステムをデジタル方式へリプレースする場合、既設の同軸ケーブルを撤去し、LAN ケーブルを配線する必要があり、また、離れた場所にカメラを設置する際にはHUB 等のネットワーク機器の追加が必要となり、導入コストが課題であった。
  そこで三菱電機鰍ナは、監視カメラシステムの新製品として、既設アナログCCTV システムの配線を活用し、高画質・高機能なデジタル方式へ低コストでリプレースができるデジタルCCTV システム「MELOOKμ+」(メルックミュープラス)の発売を5月28日より発売することを発表した。

■デジタルCCTV システム「MELOOKμ+」の特長
1.アナログシステムをデジタル方式へ低コストでリプレース
・同社独自技術により同軸ケーブルでデジタル映像信号とカメラ電源の多重伝送が可能
・カメラとレコーダー間の最大伝送距離はアナログ方式と同じ500m(同軸ケーブル規格5C2V 使用時)を実現
・アナログシステムからのリプレース時に電源工事や配線工事が不要で、導入コストを削減
2.シンプルなシステム構成で「かんたん」に設置
・レコーダーに同軸ケーブルモデム、スイッチングハブ、カメラ電源を内蔵
・カメラとレコーダーを接続するだけのシンプルなシステム構成で「かんたん」設置を実現
・レコーダーは縦置きにも対応し、限られたスペースにも設置可能
3.メガピクセル映像を「くっきり」「なめらか」に表示・記録
・高精細メガピクセルの「くっきり」映像を毎秒15 コマで「なめらか」に表示・記録
・「デジタル増感」「デジタルノイズリダクション」機能で暗い場所でも鮮明な映像で監視
・「スーパーファインビューU」機能で逆光の出入口でも被写体をくっきり監視

製品名主な仕様 希望販売価格
(税抜き)
発売日年間販売台数
固定カメラ NC-8000 約131万画素
デジタル増感
デジタルノイズリダクション
スーパーファインビューU
防水性:IP66(NC-8800)
77,000円
5月28日
20,000台
ドーム型カメラ NC-8600
98,000 円
5,000台
屋外固定カメラ NC-8800
120,000円
5,000台
レコーダー NR-80001TB ハードディスク搭載
8ch 映像・音声記録
580,000円 
5,000台

  同社では、カメラ十数台の中規模から数百台の大規模システムまで、同軸ケーブルを有効活用できるデジタルCCTV システムの実現に取り組むとのこと。

三菱電機
通信事業部 通信第二部 TEL 03-3218-6401
http://www.mitsubishielectric.co.jp/cctv/index.html

2012年4月2日発信

 
会社案内お問い合わせ