日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ビル設備とIT設備を一元監視する
「BASgate Link」販売開始

  鞄立システムズは、BACnet/IP(バックネット/アイピー)プロトコルを利用し、IT機器監視システム内の管理情報をビル設備側で取得できる連携ソフトウェア「BASgate Link(バスゲートリンク)」を販売を開始した。
 同ソフトウェアの導入により、通常、ビル・商業施設内で平行運用されているビル設備監視システムとIT機器監視システムの連携が可能となり、中央監視室から建物全体の機器状況を把握できる。
 大規模なビル・商業施設では、管理用の通信プロトコルの違いから、ビル設備とIT設備は別々のシステムで監視している。
 電力設備、防犯・防災設備、空調・照明設備などはビル設備監視システムが管理し、IPカメラやIP電話、スイッチ、ルーター、サーバー、UPSなどのIT設備はIT機器監視システムが管理しているが、一元監視できないために障害箇所をすぐに特定できないケースもあり、管理負担が生じていた。
 また、環境保護やコスト削減の観点から、ビル設備とIT機器の利用電力を最適な状態に制御したいというニーズも高まっていた。
  こうした背景から、同社はBACnet/IPを利用し、IT機器監視システム内の管理情報をビル設備側で一元監視可能なソフトウェア「BASgate Link」を販売を開始した。「BASgate Link」は、現在利用中のビル設備監視システムを入れ替えることなく、追加導入するだけですぐに利用可能。
 ユーザーは「BASgate Link」の導入により、IT機器監視システムを、ビル中央監視システムの自律分散機能を持つB-BCBACnet Building Controller)機器の一つとして管理することが可能。
 これにより、ビル中央監視システムで、ネットワークや入退管理、防災システム機器などの主要障害を一元管理することが可能になり、障害部位の特定や復旧、障害対応の迅速化が図れる。
 また、現在開発中の「BASgate Link Ver.2」では、サーバーの稼働情報を収集することができるため、稼働状況にあわせて動的に空調や照明などの制御を行うことができ、省エネ・最適化を実現することが可能となる。

鞄立システムズ
TEL 0120-346-401
http://www.hitachi-systems.com/solution/s108/basgatelink/index.html

2012年5月14日発信

 
会社案内お問い合わせ