日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

BSNアイネットがクラウド基盤を利用した災害対策サービスに
F5ネットワークス社の「BIG-IP」シリーズを採用

  ITインフラのソリューション・ディストリビュータである潟lットワールドは、械SNアイネットが、新たに提供を開始した「災害対策サービス」に、ネットワールドが提供するF5ネットワークス社製のアプリケーション・デリバリー・コントローラ「BIG-IP」シリーズを導入し、本稼働を開始した。
 今回の導入対象である「災害対策サービス」は、広域自然災害等の発生時にも確実な事業継続を実現するためのサービス。
 顧客企業の業務システムをBSNアイネットとパートナー企業のクラウド基盤間で相互にレプリケーションし、万一の際には相手側センターから業務復旧を行う。
 BSNアイネットでは、ネットワーク分野において豊富な経験と実績を持つネットワールドからの提供を受け、先進的な災害対策サービスを実現するためのコンポーネントとして、「BIG-IP Global Traffic Manager(以下 BIG-IP GTM)」「BIG-IP Local Traffic Manager(以下 BIG-IP LTM)」「BIG-IP WAN Optimization Manager(以下 BIG−IP WOM)」の3製品を採用した。

◆ 導入の背景
 BSNアイネットは、新潟県を中心に事業を展開するシステムインテグレータ。
 各種の業務ソリューションをトータルに提供するほか、新潟県内2ヶ所に設置された堅牢な自社データセンターを活かしたクラウドサービス「iNET IMAGE BANK」も展開している。
 しかし、昨年3月11日に発生した東日本大震災では、原発事故による電力供給不安など、センター側のファシリティ強化だけでは対応できない事態が生じた。そこで同社では、県内全域に被害が及ぶような広域災害にも確実に対応すべく、電力会社の管轄が異なる北陸地方の事業者と協業し、クラウド基盤間で相互に遠隔レプリケーションを行う災害対策サービスを提供することとなった。

◆ 導入のポイントと成果
@広域負荷分散による確実な事業継続の実現
 BIG-IP GTMには、離れた場所に存在する複数のデータセンターを一つのURLでまとめて管理する機能が備わっている。
 今回の災害対策サービスでは、この機能を利用して有事における相手先データセンターへの速やかな切り替えを実現。
 システム管理者はDNSの設定変更等を人手で行う必要がなく、ユーザも今までと同じアドレスでサービスを利用できるなど、迅速かつスムーズに業務を再開できる点が評価された。
Aサイト内負荷分散によるクラウド基盤の信頼性・可用性向上
 顧客企業の重要な業務システムを預かるクラウド基盤にとって、高い信頼性・可用性の確保は重要な要件。
 そこで、BIG-IP LTMの負荷分散機能やヘルスモニタリング機能を活用し、安定的なサービス提供を実現。
B遠隔レプリケーションの高速化
 複数のデータセンターを結ぶ災害対策サービスでは、大容量業務システムのレプリケーションをいかに効率化するかが大きな課題となる。
 そこで今回採用されたのが、プロトコル最適化やデータ圧縮、重複排除などの機能を提供するBIG-IP WOM。
 相手先データセンターへのデータ転送容量を最大で約1/ 3に削減するなど、大きな導入効果を挙げている。
C仮想アプライアンスによる運用管理性向上
 BIG-IPシリーズでは、専用機器で動作するハードウェアアプライアンス製品以外に、仮想環境上で動作する仮想アプライアンス「Virtual Edition」も提供されている。
 今回のプロジェクトでは、GTM / LTM / WOMの3製品をすべて仮想アプライアンスで統一し、運用管理の一元化・効率化に役立てている。

潟lットワールド
TEL 03-5210-5080
http://www.azearth.co.jp/

2012年6月18日発信

 
会社案内お問い合わせ