日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

可視光線カメラの大規模生産に使用されている製造プロセスと
赤外線センサーの互換性が高まる新型サーマルセンサー

 サーモグラフィー、セキュリティ・監視、自動車・輸送機器、および軍事用途向けの高品質赤外線イメージセンサーの製造大手であるウリス社(フランス) は、現在、電子デバイスの多くに採用されている業界標準のInter-Integrated Circuit、通称I2Cバスを搭載した分解能17ミクロン/ピクセルの新型サーマルセンサー、Pico384E(TM)とPico384P(TM)の発売を開始した。
 I2Cバスの搭載により、可視光線カメラの大規模生産に使用されている製造プロセスと赤外線センサーの互換性が高まる。
 コンシューマーエレクトロニクスにおいて広く用いられている設計技法を採用することにより、同社はサーマルカメラ市場の新規参入業者にも利用しやすい赤外線技術を提供する。
 独自の市場調査によると、非冷却型赤外線センサー(マイクロボロメーター)の需要は、2011年の30万ユニット(うち、軍事向け市場が37%)から、2020年には380万ユニッ トに伸びると見込まれている。
 この新製品は、業界標準の設計技法を採用することにより、赤外線センサーの複雑性を軽減するとともに、高性能赤外線技術をより利用しやすく手頃なものにしている。
 シンプルさを赤外線技術に持ち込むことで、既存市場や新興市場における赤外線の用途が一段と広がる。

◆Pico384E(TM)
  Pico384E(TM)は、17ミクロンピクセルピッチの非冷却型赤外線センサーで、高い温度感度を必要とするハイエンドの軍事・産業用途に使用される小型赤外線カメラに適している。
 高感度のため、より小さい目標をより遠い距離から感知することができ、長距離監視、熱感応照準具(TWS)、路上車両状況認識、ハンドヘルドゴーグル、およびUAV(無人航空機)の赤外線機能などに適用される。
 I2Cバスのスピードにより、Pico384EはI2Cの仕様書に定義されているとおり最高400 kHzまでの周波数で動作、画質を評価するうえで重要なパラメーターであるNETD(雑音等価温度差)は40mKの範囲内であり、熱時定数も10ms以下。
 このため、この赤外線センサーは400 mK/msの範囲内の優れた標準感度を呈する。

◆Pico384P(TM)
 コスト効果が高いProシリーズのPico384P(TM)は、同じく17ミクロンピクセルピッチの非冷却型赤外線センサー。
 手頃な価格で高い温度感度を必要とする大量生産型アプリケーションに適しており、ドライバーの視覚の拡張(支援)、大量生産サーモグラフィカメラなどに適用される。
 携帯用赤外線システムにとってバッテリー寿命は非常に重要な要素であり、低電力消費は同社製品の特長。
 同社の技術陣は、384x288/25ミクロンのマイクロボロメーターの電力消費量が110mWだったのに対し、Pico384E及びPico384P(アナログ出力、フレームレート50Hz)では60mW未満に半減することに成功した。 

クロニクス(日本販売代理店)
TEL 03-5322-7191
http://www.chronix.co.jp/jp/products/infraredsensor/index.html

2012年6月4日発信

 
会社案内お問い合わせ