日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

プライベートクラウド基盤を一括提供する
「Hyper-V Cloud Pack」の販売を開始

  鞄立システムズは、Microsoft Corporation(以下、Microsoft 社)のWindows Server 2008 R2 の仮想化機能「Hyper-V」および統合管理ソリューション「System Center 2012」を鞄立製作所のハードウェアと組み合わせプライベートクラウド環境のシステム基盤として一括提供する「Hyper-V Cloud Pack」の販売を開始した。
 企業競争の激化やクラウド化の進展に伴い、企業や団体の情報システム部門では、社内にクラウド基盤を整備してTCOを削減するとともに、経営環境に柔軟・迅速に対応する必要に迫られている。
 しかし、仮想環境と物理環境、クラウド環境が混在したITシステムの構築や管理は煩雑であり、効率化が課題となっていた。
 一方で、Microsoft社の新しい統合管理ソリューションである「System Center 2012」が2012年4月より提供開始され、「Hyper-V」を活用したプライベートクラウド環境の管理・運用のさらなる効率化が可能となったため、「Hyper-V」に関する注目度が高まっている。
 こうした背景から、プライベートクラウド構築で多くの実績を持つ同社は、大容量のメモリと高帯域のI/O性能を備えた日立製作所のブレードサーバー「BS500」やストレージ、ネットワーク機器などクラウド基盤に適したハードウェア製品と、Microsoft社のWindows Server 2008 R2 の仮想化機能「Hyper-V」、さらに新しい統合管理ソリューション「System Center 2012」などをプライベートクラウドに適した推奨モデルとして一括提供する「Hyper-V Cloud Pack」の販売を開始した。
 同サービスは、Microsoft社の「System Center 2012」を活用しているため、利用部門からのサーバーリソース要求に対して、ワークフロー形式で自動的にテンプレート化されたITリソースを提供するセルフサービスポータル機能を利用できる。
 これにより、システム部門は必要な時に必要なだけサーバーリソースを提供することができ、管理負荷の軽減が可能。
 また、サービスポータル機能を活用することで部門ごとの利用状況を把握し、個別に課金をするなどの用途にも利用可能。
 さらに、同サービスを構成するハードウェア機器は、事前に環境設定を検証しているため、短期間での導入かつ安定した稼働が可能。
 ユーザーは同サービスの利用により、プライベートクラウドの導入・運用コストの低減が可能となる。

鞄立システムズ
TEL 0120-346-401
http://www.hitachi-systems.com/solution/S0301/hypercl/index.html

2012年7月2日発信

 
会社案内お問い合わせ