日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

IPv6対応
「920MHz帯無線マルチホップネットワークシステム」を販売開始

  沖電気工業鰍ヘ、スマートグリッドやマシン・トゥ・マシン(M2M)などの用途で2012年7月25日から全チャネルが利用可能になる920MHz帯を利用し、なおかつIETFで策定された国際規格である6LoWPANやIPv6/RPLなどに対応した、「920MHz帯無線マルチホップネットワークシステム」の販売を開始することを発表した。
 同社は同システムを2012年11月より順次出荷し、今後3年間に無線ユニット数ベースで100万台の販売を目指す。
 さらに、920MHz無線ICチップベンダや無線装置ベンダ向けに、IEEE802.15.4e/4gに対応したソフトウェアライセンスについても8月10日から販売開始し、2012年11月から順次出荷。
 920MHz帯無線は、無線LANなどの2.4GHz帯と比較して電波の到達距離が長く障害物を回り込んで届くこと、ならびに一般に利用されている429MHz帯の特定小電力無線局と比較して高いスループットを持つことから、スマートコミュニティ、スマートハウス、スマートメーターなどに用いる無線マルチホップネットワークに最適な周波数帯。
 また、無線マルチホップネットワークの新たな国際規格としてIPv6対応が推進されており、スマートグリッドやM2Mに関する国際標準化団体などで検討されている。
 同社は、無線マルチホップ技術の研究開発に早くから取り組み、920MHz帯無線においても無線マルチホップネットワークの電波到達性・高信頼性・省電力・設置の容易さなど様々な実証実験を行い、検証してきた。
 また、無線マルチホップネットワークの通信プロトコルの標準化にも注力しており、IEEE802.15.4dの副議長やZigBee SIG-ジャパンで理事を務めるなど、中心メンバとして920MHzと無線マルチホップ関連の標準化に取り組んでいる。
 今回販売を開始する商品は、ビルエネルギーマネージメント(BEMS)や、広域に配備された設備の監視・制御などを行なう業者向けに、離れた位置にある機器の情報収集と制御を無線で容易に行なうためのネットワークシステム。
 同システムは、ネットワーク管理サーバー、無線ユニット親機、ならびに無線ユニット子機で構成され、ビルなどの単一拠点に閉じたネットワークから、屋外で広域に分散するネットワークまで、用途に応じて構築することが可能。
 また、同時に販売開始するソフトウェアライセンスは、920MHz対応のIPv6無線マルチホップ標準プロトコルを提供するもので、対応機器の普及促進に貢献。

沖電気工業
通信システム事業本部 新事業推進室

http://www.oki.com/jp/920M/

2012年7月30日発信

 
会社案内お問い合わせ