日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

電力ピーク時のエレベーターの消費電力量を20%削減
ビルの消費電力量を監視する「Facima BA-system」

 三菱電機鰍ニ三菱電機ビルテクノサービス鰍ヘ、三菱オーダーメード・エレベーター「NEXCUBE(ネクスキューブ)」の省エネ運転機能を強化する新オプションの発売を開始した。
 三菱ビル設備オープン統合システム「Facima BA-system(ファシーマ・ビー・エー・システム)」との連携により、ビル全体の電力使用ピーク時間帯にエレベーターの消費電力量を最大20%削減。(エレベーター6台・20階床の一般的なオフィスビルで、ビル全体の消費電力量がピークとなる13時〜16時のエレベーターに対するシミュレーション結果) 。

◆新オプションの特長
 ビルの消費電力量の監視により、エレベーターを省エネ運転
・「Facima BA-system」との連携により、ビル全体の消費電力が設定値を上回ると予測された場合、エレベーターに省エネ運転を指令
・指令により、運転モードを“デマンド制御モード”へ切り替え
・“デマンド制御モード”運転時でも、平均待ち時間の増加は、4秒程度に抑制
・新規設置予定のエレベーターだけでなく、設置済みのエレベーターにも適用可能であり、利用中のビルの節電対策の一つとして導入が可能

三菱電機 TEL 03-3218-4510
三菱電機ビルテクノサービス TEL 03-3802-9532
http://www.mitsubishielectric.co.jp/building/automation/facima/index.html

2012年7月9日発信

 
会社案内お問い合わせ