日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ICカード認証によるオートロックシステム「e-ロックシステム」

 コンピュータにおけるソフトウェアの開発、販売 および関連サービス・サポートを行っているイー・アンド・エム鰍ナは、Webシステムを活用しクラウドサービスに対応した非接触ICカード認証オートロックシステムを開発した。

◆主な機能
1.かざして認証(FeliCa)
 「FeliCa」搭載のICカードや携帯電話をかざす事により、ドア毎の入退室管理(入退出の 許可/不許可認証)をする。
2.時間帯・日にち設定
 ドアが閉まると自動的に施錠されることは無論のこと、会社の就業時間に合わせて自動的に施錠/解錠をすることができる。
 また、カレンダー管理によって休日は施錠と解錠の自動運用ができる。
3.リモート監視/操作
 管理者権限でログインしたWebブラウザーから、ドア開閉状態の監視とドアの開閉操作ができ、ドア開閉の履歴を管理することができる。
 また、WebブラウザーからXPC100(ジーエルサイエンス社製カードリーダー機能内蔵型インテリジェントターミナル)上で管理している諸情報(FeliCa認証情報、及び電子鍵の施錠/解錠情報、他)の設定と自動更新ができる。
4.充実したセキュリティ ・入退チェック
  入室履歴がない人が退室する場合、警告音を発してドアを開けないようにすることも 可能。(共連れ入室・退出が設備的にできない環境が別途必要。)
・パスワード
 ドアごとにパスワードを設定することも可能。パスワードを設定したドアに入る場合は、FeliCaカード読み取り後、パスワードの併用入力により、より強固なセキュリティを確保することが可能になる。
5.その他の機能
・ドア操作の無い認証操作待ち受け中は、画面モニターに社内ニュース等を表示することができる。
・音声を利用してコミュニケーション・ガイドができる。

イー・アンド・エム
TEL 03-3230-1301

http://www.eandm.co.jp/

2012年8月6日発信

 
会社案内お問い合わせ