日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

世界初!専用装置不要でスマートフォンなどのカメラで
手のひら静脈を利用した認証が可能に

 ユニバーサルロボット鰍ヘ、ソフトバンクモバイル鰍ニ共同で、世界で初めてスマートフォンなどのカメラで、静脈と掌紋を同時に抽出して手のひら静脈から認証可能なハイブリッド型の個人認証ソフトウエアの開発に成功した。
 これにより、専用装置を使用せずに、スマートフォンなどのカメラを利用した、汎用的な手のひらの掌静脈による個人認証が可能となった。
 近年、なりすましなどによる被害防止のため、利用者の生体情報を利用して個人認証を行う技術の普及が進んでいる。
 ユニバーサルロボットとソフトバンクモバイルは、誰もが安心・安全にインターネットを利用できる環境構築を目的に、共同で手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアの開発を進めてきた。
 従来の手のひら静脈認証には、静脈を検出するための赤外線を用いた専用装置が必要だったが、このたびの開発においては、可視光を利用した独自の静脈検出アルゴリズムを搭載することにより、スマートフォンやスマート家電などに搭載されているカメラによる、手のひら静脈の認証を可能にした。
 さらに、今回の認証技術は、可視光を利用して取得した手のひらの画像から、静脈と掌紋の形状を同時に抽出するハイブリッド認証を取り入れた世界で唯一のテクノロジー。
 体内情報である静脈の形状はなりすましや偽造が難しい一方で、手のひらの表層情報である掌紋の形状は情報を取得することが容易なため、これらを組み合わせることにより、より高精度で安定した認証を実現した。
 この手のひら静脈ハイブリッド認証ソフトウエアをアプリケーションとして、スマートフォンなどに搭載することで、カメラさえあれば、いつでもどこでもインターネットサービスの各種認証やネットバンキングなどの決済認証まで、安全な認証を実現できるようになった。

ユニバーサルロボット
TEL 03-3297-2877

http://www.urobot.co.jp/

2012年9月3日発信

 
会社案内お問い合わせ