日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム
「ワイヤレスリンク 23G」を北海道厚岸郡厚岸町が導入

 京セラコミュニケーションシステム(株)は、北海道厚岸郡厚岸町がBCP(事業継続計画)強化を目的に、ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を導入したことを発表した。
 厚岸町では、2011年に情報通信格差の是正や地上デジタルテレビ放送の難視聴解消などを目的に、町内全域に光ファイバを敷設した。
 光ファイバは、厚岸町が厚岸湖を挟んで南側の湖南地区と北側の湖北地区の2地区に分かれていることから、湖南地区と湖北地区を結ぶ海上橋である厚岸大橋にも敷設されている。
 これにより、高速インターネット通信や光ファイバを介したテレビ放送を提供するとともに、行政・防災情報を伝達するIP 告知システムを整備した。
 しかし、2011年の東日本大震災時に、津波で厚岸大橋の両端が冠水した経験から、災害によって光ファイバが切断される可能性があることを改めて認識し、光ファイバの多重化対策として無線ネットワークの導入が検討された。
 そして、無線技術において豊富 な実績とノウハウがある同社が総務省の委託を受けて研究開発した「ワイヤレスリンク23G」を、東日本電信電話(株)を通じてに導入した。
 「ワイヤレスリンク23G」は、23GHz 帯の周波数を利用した小型・軽量のケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム。
 離島への海底ケーブル、橋梁部分や山間部などに敷設されたケーブルが多重化されていないと、被災時の復旧に時間がかかることが想定される。
 同システムは災害時に被災したケーブルテレビ伝送路の応急復旧や、既存伝送路の多重化など、ユーザーの目的に応じて利用できる。
 厚岸町では同システムを導入したことにより、災害などで万一光ファイバが切断された場合でも、テレビ放送を通じて町民に必要な情報を伝えることのできる環境を実現した。

  京セラコミュニケーションシステム(株) KCCS カスタマーサポートセンター
TEL 0120-911-901、050-2018-1827

http://www.kccs.co.jp

2014年10月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ