日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

地震を数日前に予測して、防災・減災に役立つ情報を提供
地震解析ラボ

  インフォメーションシステムズ(株)が運営する地震解析ラボでは、毎週2回の地震予測配信サービスを実施している。
 地震解析ラボは、地震に関する研究、大規模な地震の前兆現象に関する研究を行っている。
 具体的な項目として、地震の短期予測の観点から極めて注目されている観測項目である電離層擾乱(VLF/LF送信局電波の伝搬異常として検出)、ULF電磁放射(地圏から直接放射される極低周波電磁放射)、GPS電波を用いた電離圏のモニタリングに焦点を当て研究を重ね、地震情報で本当に必要とされている「いつ、どの辺りで、どのくらいの大きさの地震が起きるか」の問いに対し、発生予測の期間を数日間に絞り込み、地域も有る程度まで限定できるよう「実用的地震予測」を試みている。

◆地震発生日までにできること
・対策組織を作る
 命令系統の確認
 優先事項・役割分担確認
・避難訓練の実施
 避難口、階段の確認
 消火器の位置確認
・連絡網の整備(安否確認)
 家族・社員の連絡方法確認
 本部や事業所との連絡手段確認
・危険物対策
 危険物・可燃物対策
 ガラス飛散対策
・備蓄品の確認
 水・食糧・電源等の確認
 事業継続のための資材確認
・高層階ビル・住宅の対策
 エレベーターが使えない場合を想定する
 家具・什器・備品類の固定

  また、地震解析ラボでは、発表から1ヶ月以上が経過した地震予測情報を公開し、地震予測情報検証も行っている。

  地震解析ラボ
http://www.earthquakenet.com

2014年10月6日発信

 
 
会社案内お問い合わせ