日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

 

(独)情報通信研究機構

■ブース番号 1F25

■今回出展製品の概要と特長
 情報通信研究機構(NICT)では、「局地的大雨の予測を目指すフェーズドアレイ気象レーダ開発」を行ってきました。
 近年、ゲリラ豪雨や竜巻による突発的・局所的気象災害が大きな社会問題となっています。
 これらの気象現象の早期検知には、迅速な降水雲の3次元構造の把握が重要です。
 従来のパラボラアンテナによるレーダから発想を転換し、フェーズドアレイ方式を採用し、3次元高空間分解能で、かつ、高時間分解能の気象レーダを開発しました。
 このレーダは次世代の気象レーダとして期待されており、現在、大阪大学吹田キャンパス、NICT未来ICT研究所(神戸市)、NICT沖縄電磁波技術センター(恩納村)に設置されています。

(独)情報通信研究機構
TEL 042-327-6096
http://www.nict.go.jp

2014年10月6日発信

 
会社案内お問い合わせ