日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

920MHz帯マルチホップ無線ネットワークを利用した
「河川監視システム」を開発

  沖電気工業(株)は、920MHz帯マルチホップ無線ネットワーク技術を利用した、河川の水位状況がリアルタイムで把握可能な「河川監視システム」を開発した。
 同システムは、河川各所の観測ポイントに設置した雨量計や水位計などの各種センサーデータを、無線通信により監視センターで周期的に収集し、河川状況のリアルタイムでの確認を可能にし、付近住民への避難誘導をより迅速化できるもの。
 マルチホップ無線ネットワークであるため、通信経路が寸断された場合でも、短時間で自動的に経路を再選択してネットワークを再構築し、欠測なくデータ収集を行うことができる。
 また、無線を利用するため、設置も容易。
 近年、局地的豪雨や季節外れの豪雨などの異常気象により、過去の経験値からは予測不可能な河川の氾濫が数多く発生している。
 国内の一級水系として指定されている大規模河川については、大半の河川で水位計測設備などが完備されているが、より数の多い二級水系の中小規模河川においては計測設備の設置率は低く、河川氾濫前の退避誘導が課題となっている。
 また、河川に水位計測設備が設置されていても、職員が現地まで出向き実測を行うため、職員の移動や水位計測に時間がかかり、リアルタイムに状況を判断することが難しく、河川氾濫を予測し、余裕のある避難誘導を行うには、多くの課題がある。
 同社では、これらの課題に着目し、設置が容易な920MHz帯マルチホップ無線ネットワークを利用することにより、監視員によるデータ収集および各所への移動時間をなくし、リアルタイムで各所センサーのモニタリングデータ収集が可能な「河川監視システム」を開発した。
 同システムは、観測ポイントで周期的にデータを収集し、河川水位の状況変化をリアルタイムに確認できる、遠隔地での「見える化」を実現。
 これにより、職員による出向き実測がなくなるため、従来よりも早く付近の住民に対する退避誘導の情報配信など行うことが可能となった。
 同システムは、観測ポイントに設置した各種センサー(雨量計や水位計など)のモニタリングデータを920MHz帯無線中継局を経由し監視センターへ送信。
 監視センターでは、観測ポイント各所からのモニタリングデータが収集蓄積される。
 監視センターでは、これら各所のリアルタイムデータを入手することにより、水害の恐れのある地区および状況を把握し、付近の住民に対してより迅速な情報配信が可能となり、退避誘導や災害対策活動などに効果が期待できる。
 同社は、中小規模河川による水害の多い自治体向けに2014年度末までに同システムの商品化を目指している。
 また、収集した観測ポイントのデータを降雨・水位予測などを組み合わせることにより、河川各所の水門開閉バランス最適制御に必要な判断情報の提供や、氾濫予測による退避誘導情報の配信をサポートする機能拡張も計画している。

 沖電気工業(株) 社会システム事業本部 交通・防災システム事業部 システム第3部
TEL 03-5445-5022

http://www.oki.com/jp/

2014年11月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ