日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

食品工場向けに物理セキュリティシステムをバージョンアップ
監視カメラ、工場内のライン・通路の監視に適した新フォーマットを採用

 潟Nマヒラは、セキュリティシステム「GGシリーズ」に食品工場向けの機能を追加しセキュリティシステムを強化する。
 通常、監視カメラの映像は横縦の比率が4:3または16:9の横長になっており、狭い通路や細長いラインを効率良く監視するには不向だった。
 そこで同社は、映像を縦長に表示する「コリドールフォーマット」を録画装置「SX-H2」に採用し、2014年4月にバージョンアップする。
 これにより、撮影場所に合わせてカメラごとにコリドールフォーマットが選択可能となる。
 また、録画装置「SX-H2」は死角のない監視に有効な360度全方位監視カメラも3メーカー(Axis,Sony,Panasonic)の接続に対応しており、録画装置内で画像補正を行うことができるため、空間全体の映像を効率良く監視することが可能だ。
 セキュリティシステム「GGシリーズ」は、監視カメラをはじめ、入退室管理、鍵管理、セキュリティキャビネットなどの機器を統合管理し、従業員の行動制限を行うと同時に行動履歴に多面的にアプローチできるシステム。
 入退室や物品の授受、作業状況の履歴を映像と結び付けて管理することができるため、フードディフェンスの強化に有効。
 導入後の拡張や運用変更にも柔軟に対応できるため、最適な手段とコストでセキュリティを強化できる。

◆コリドールフォーマットの概要
 狭い通路や製造ラインなどに合わせて設置することで広範囲の監視に有効。

◆全方位カメラ画像補正機能
 360°全方位カメラの映像を録画装置内で補正することにより、広範囲の画像を漏れなく記録することが可能となる。

 潟Nマヒラ
TEL 03-3270-4381

http://www.kumahira.co.jp

2014年2月24日発信

 
会社案内お問い合わせ