日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

圧倒的なセキュリティ・パフォーマンスを実現する
高速ネットワーク向けの新モジュールを発表

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ鰍ヘ、61000セキュリティ・システム向けの新しいセキュリティ・ゲートウェイ・モジュール「SGM260」を発表した。
 61000セキュリティ・システムは、データセンターや通信事業者、クラウド・サービス・プロバイダ向けに開発されたセキュリティ・ソリューション。
 最先端のセキュリティ技術と拡張性に優れたパフォーマンスを特徴とし、業界最速の性能を誇る。
 SGM260は、この61000セキュリティ・システムのパフォーマンスをさらに一段上のレベルへと引き上げ、従来比で2倍となる最大400 Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130 GbpsのIPSスループットを実現。
 またSecurityPower(TM) Units(SPU)も最大33,000と2倍以上の性能を実現する。
 SGM260を実装すると、パフォーマンスが向上するだけでなく、ポート密度を業界最高レベルにまで高め、より多くのネットワーク・セグメントに対応できるようになる。
 これにより、同社の高度なセキュリティ技術を、ネットワーク固有のニーズに応じて柔軟に導入することが可能となる。
 また61000セキュリティ・システムは、チェック・ポイントの定評あるSoftware Bladeアーキテクチャに基づいているため、幅広いセキュリティ機能を自由に組み合わせて多層防御を実現できる。
 例えば、Firewall Software Blade、IPSEC VPN SoftwareBlade、IPS Software Blade、Application Control Software Blade、IdentityAwareness Software Blade 、URL Filtering Software Blade 、Anti-Spam & Email Security 、Antivirus Software Blade 、Anti-Bot Software Blade 、DLP SoftwareBlade、Mobile Access Software Blade 、ThreatCloud Emulation Service などのセキュリティ機能を組み合わせることができる。

◆SGM260の主な特徴
・最大33,000 SPUにまで強化された比類ないパフォーマンス
・最大400 Gbpsのファイアウォール・スループット、最大130 GbpsのIPSスループット
・2億以上の同時接続に対応
・ポート密度は10GbE×60、40GbE×8まで拡張でき、大規模データセンターやプライベート・クラウド環境の接続要件に対応可能
・SGM260はダウンタイムなしで61000セキュリティ・システムのシャーシに装着できる  ため、スムーズなパフォーマンス拡張が可能 

  チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
http://www.checkpoint.co.jp/products/61000-appliances/index.html

2014年2月3日発信

 
会社案内お問い合わせ