日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

就寝時などの微細な呼吸レベルの動きも検知する
「見守りシステム」発売開始

 沖電気工業鰍ヘ、就寝時などの微細な呼吸レベルの動きまで検知可能な「電波型超高感度人感センサー」の商品化に成功し、同センサーを用いた「見守りシステム」を、見守り、介護、セキュリティなどの市場向けに販売を開始した。
 また、システム販売のほか、「電波型超高感度人感センサー」とPCなどへの接続ユニット、PC上で動作する評価ソフトを組み合わせた開発用キットの販売もあわせて開始した。
 今回発売された「見守りシステム」では、ドップラー効果を利用したマイクロ波電波センサーに、人の呼吸成分を効率よく検出するアルゴリズムを新たに開発して実装した「電波型超高感度人感センサー」を用いた。
 これにより、活動時だけでなく就寝時などの安静状態においても、体調変化や生活リズムの変化をリアルタイムに把握して可視化することが出来る。
 これにより詳細な見守りやセキュリティ管理が可能となった。
 近年、少子高齢化をはじめとした社会環境の変化にともない、見守りやセキュリティ分野への関心が高まっている。
 これらの分野で利用されてきた検知システムでは、主に焦電型赤外人感センサーが使用されており、動いている人の検知には適しているが、温度環境の影響を受けやすく、静止し温度変化のない物体の検知はできないため、安静中の人の状態検知に課題があった。
 同社はこれらの課題に着目し、物体の動きによる揺らぎの違いから周囲の動く物体の影響を排除しつつ、人体の動きを高精度に抽出する研究を行い、微細な動きに反応するドップラー効果を利用して物体の動きを捉え、動きの揺らぎの違いに着目し人を検知する「電波型超高感度人感センサー」を開発・商品化に成功した。
 同センサーを利用することにより、より詳細な見守りやセキュリティ管理の可視化を容易に実現できた。
 同社は、見守り、介護、セキュリティなど各市場において、それぞれの分野に合せたカスタマイズを行い、積極的に販売していくとのこと。

◆主な特徴
1.広い検知エリア
 おおよそ8畳間を一つのセンサーでカバー。
 また、複数の無線チャネルを備えているため近接してセンサーを設置でき、容易に検知エリアの拡張が可能。
2.小型化により設置が容易
 センサー部が小型(78(W)×98(H)×26.5(D) mm(突起物含まず))であり、また、配線もLANケーブルのみであるため、天井などへの設置が容易。
3.継続的な活動量の検知
 布団、毛布などは電波が透過するため、就寝時なども継続的に活動量の検知が可能。
 また、電波により動きのみを検知し、カメラなどを使用していないので、プライバシーが保たれた状況で検知可能。

  沖電気工業
社会システム事業本部 交通防災システム事業部 統合SE部 TEL 03-3452-4138
統合営業本部 官公営業本部 市場開発営業部 TEL 03-5445-5016

http://www.oki.com/jp/

2014年3月17日発信

 
会社案内お問い合わせ