日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

システムの運用作業におけるオペレーションミスを低減し
運用担当者の負担を軽減する「リモート・エグゼキューション・サービス」販売開始

 鞄立システムズは金融機関向けのソリューション提供実績・ノウハウを基に、金融業向けソリューション「Finnova(フィノーバ)」のラインアップの一つとして、システム運用作業における作業ミスを低減し、運用担当者の負担を軽減する「Finnova システムライフサイクル管理サービス/リモート・エグゼキューション・サービス」の販売を開始した。
 同サービスは、操作履歴や権限管理の強化により情報セキュリティを確保するとともに、どのサーバーにどの処理を実行させるという命令をあらかじめシステムに登録しておくことで作業を簡略化し、Webブラウザーから各サーバーへの各種操作命令をクリック操作で実行できるようにするもの。
 近年、システムの内部統制やコンプライアンスの観点からシステム運用における操作履歴、操作結果の一元管理や各種、操作権限のアクセス・コントロールなど「情報セキュリティの確保」が前提とされるケースが増加している。
 また、提供サービスの競争力を強化させるために、システムのオペレーションミスを起因とする「障害を防止」し、運用の作業負荷を軽減させることで「コスト削減」を実現させるニーズも一層高まっている。
 「Finnova システムライフサイクル管理サービス/リモート・エグゼキューション・サービス」は操作端末のWebブラウザーを介して複数サーバーの状況確認や処理の実行をすることができる。
 実行可能な処理は事前に登録された命令のみであるため、オペレーションミスを防止すると同時に、専門知識(UNIXなどのコマンド知識)を持たない担当者でも運用作業が可能。
 セキュリティ面では、操作端末から公開鍵認証で操作できるため、該当サーバーへのパスワード認証によるログインが不要となり、不測の操作ミスによる障害を防止し、ユーザーIDの変更管理などの運用事務コストも削減することが可能。
 さらに、処理を実行できる権限は命令単位で設定でき、職制や担当業務に応じたアクセス・コントロールが可能。
 すべての操作履歴と処理実行結果を一元管理できるため、内部統制の強化や情報セキュリティの確保を支援。
 また、過去のエビデンスと比較し差分を検出できる機能により、障害対応の一次切り分けツールとしても活用できる。

鞄立システムズ
TEL 0120-346-401

http://www.hitachi-systems.com/solution/S0301/slm/rex/index.html

2014年3月24日発信

 
会社案内お問い合わせ