日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

最大16チャンネルのWD1 リアルタイム録画可能な
H.264 960H DVRのDynaGuard(TM) SLシリーズ

 DYNACOLOR JAPAN(株)のDynaGuard(TM) SLシリーズDVRは、パワフルなH.264 960H DVR。
 WD1リアルタイム録画とフルHD表示をサポート。
 このシリーズは、現在のアナログ・ソリューションを短時間にリーズナブルな価格でアップグレードしたいユーザーや業者のためにデザインされたもの。
 既存のケーブルと電源管理はそのままに、DVRとカメラを置き換えるだけで、素晴らしいシステムへと簡単にアップグレードできる。
 H.264ハイ・プロファイル圧縮で、最大16チャンネルのWD1リアルタイム録画が可能。
 WD1は最小ファイルサイズで、従来のD1ビデオよりも良い画質を提供する。 リアルタイム・デュアルストリーミングによるエンコーディングや録画が、遠隔監視中のクライアントに滑らかなビデオを伝送。
  利便性が高いにもかかわらず、既存のアナログカメラと互換性があり、新たに960Hカメラを購入する必要がない。
 DynaRemote(TM)とDynaGuard(TM) CMSをサポートし、リモート管理のアクセスを可能にする。
 さらに、プッシュ通知やQRコード・インスタント接続、RSS自動アップグレードやクラウド・バックアップなどの新たなクラウドアプリにより、スマホなどのデバイスによる監視が可能となり、24時間/ 365日、包括的なセキュリティが体験できる優れもの。

◆主な特徴
・ LinuxOS
・ H.264ハイ・プロファイル圧縮
・ 4/8/16CH WD1リアルタイム録画
・ リアルタイム・デュアルストリーム
・ 最大4つの内蔵STATAポート
・ QR コード・インスタト接続ークラウド・アクセス
・ プッシュ通知
・ RSSインスタト・ステ ータス 更新
・ クラウド・バックアップ

  DYNACOLOR JAPAN(株)
TEL 03-3265-0037

http://www.dynacolor.co.jp

2014年4月21日発信

 
会社案内お問い合わせ