日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

世界初!世界最強!指紋認証セキュリティUSBメモリに
位置情報機能を搭載した「フィンガー7・アルファ」を発表

 オリエントコンピュータ鰍ヘ、USBの位置情報を発信する新たな指紋認証セキュリティUSBメモリ「USBフィンガー7アルファ」の予約を開始した。
 2014年2月5日に発表された指紋認証セキュリティUSBメモリー「フィンガー7」に追加機能として「GPS機能とWi-Fi機能を搭載」し、同じく1月17日に発表された「PCセキュリティIT資産管理システム オリエント アルティメットサーバー(OUS)」とシステム併用することで、社内・事務所内PCからの情報漏洩を防ぐことはもちろん、万一、USBの紛失・盗難などの際でも、USBメモリーの現在位置を特定する事が可能になった。
 一般企業だけではなく、会計事務所、弁護士事務所、塾や学校、個人病院、ホテル、ソフト会社、宗教法人様など、個人情報や各種顧客データなど、大切なデータの安全な移動を実現したいユーザーに最適だ。

◆「フィンガーセブン」の主な機能(今後追加予定の機能も含む)
1.ハードウェア暗号化チップの搭載とダブル暗号化機能
 ハードウェア暗号化で大きなファイルの暗号化のスピードが速くなる。
 さらに、USBのソフト暗号化の利用でファイルのダブル暗号化が可能。
2.時限消去機能の強化
 フォルダ内のファイル全部の時限消去が可能になる。(これまではファイル単位での時限消去であった)
3.パスワードポリシーの設定が可能
 パスワードの数字、アルファベットの大文字小文字の数、特殊文字の必須などたのさまざまなパスワードポリシーが管理者によって設定可能になった。
4.Windows OS ログイン時のUSBドングル機能
 USBをOS立ち上げ時、OS立ち上げ後の2重のキーとして利用可能。
5.ダブル認証機能
 ファイルのより強固な安全性の為に、セキュリティフォルダ内の金庫による2重の認証セキュリティ管理機能
6.ウィルスチェック機能
 USB内に新規保存されたAuto-runファイルの自動検出・削除によりUSBからのウィルス侵入を防止 7.GPS(全地球測位システム)機能
 取得した位置情報ログをリアルタイムに送信可能
8.Wi-Fi(無線LAN)機能
 位置情報ログに加え、ファイル利用ログの送信も可能
9.オリエント アルティメットサーバーのログ管理機能と連動
 位置情報をリアルタイムにモニター上で確認・監視が可能 

  オリエントコンピュータ
TEL 06-6966-1665

http://www.orient-computer.co.jp/products/finger_print_usb7alpha.php

2014年4月7日発信

 
会社案内お問い合わせ