日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

社会インフラシステム向け保守サポート体制を強化
技術者の常時配置とサービスメニュー充実、
24時間365日運用のワンストップコールセンタを稼働開始

 沖電気工業(株)は、同社が提供する社会インフラシステム(消防指令/無線、市町村防災、道路管制など)に対し、システムの利用方法の問い合わせから故障発生時の復旧作業完了までワンストップで対応する、24時間365日運用の「社会システムコールセンタ」(東京都)を設立し、2014年4月より運用を開始した。
 システムに精通した技術者を専門スタッフとして常時配置するとともに、機器の故障を自動でコールセンタに通知するM2M技術を使った「機器故障自動通報サービス」などサービスメニューも充実させ、よりきめ細やかなサポートを提供する。
 同コールセンタは、耐震構造の建物、システムの二重化、ISO27001に基づくセキュリティマネジメントなどによって 、災害やセキュリティ上のリスクに対し万全の対策を施した。
 OKIグループのサポートサービス会社であるOKIカスタマアドテックが、運用を担当。
 まず「消防指令システム」および「消防救急デジタル無線システム」に対する保守サービスの提供を開始し、対応システムを順次拡張する。
 なお、同サービスの提供価格は、ユーザーのシステム構成などに基づき、個別に見積もる。
 また、販売店を通じたサービスの提供・販売も行う。
 昨今、社会インフラの老朽化問題への関心が高まり、インフラの維持管理の重要性が再認識されている。同社は、社会インフラとして、消防指令/消防救急デジタル無線、市町村防災行政無線、道路管制などの分野で、各種情報通信システムを提供している。
 進化を続ける社会インフラを常に安全で確実に運用するためには、最先端の高度な専門知識とメンテナンス技術による、インフラに発生する問題の確実な早期発見と迅速な対応が必要となる。
 同社は、昨年11月12日に発表した「中期経営計画2016」の経営戦略として、社会インフラ更新需要獲得と次世代社会インフラ分野への参入を掲げている。
 今回の「社会システムコールセンタ」設立により保守サポート体制を強化し、社会インフラ事業の拡大を目指すとのこと。

◆主なサービスメニュー
 ・ヘルプデスクサービス
 ・障害受付/オンサイト手配サービス
 ・リモートメンテナンスサービス
 ・定期点検サービス
 ・機器故障自動通報サービス(新規)
 ・無線機設定情報更新サービス(新規)

  沖電気工業(株)
社会システム事業本部 交通防災システム事業部 TEL 03-5445-5026
OKIカスタマアドテック 事業企画部 社会システム推進部 TEL 03-5621-3395

http://www.oki.com/jp/

2014年5月26日発信

 
会社案内お問い合わせ